あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

幻の砂漠都市ペトラ

      2015/07/09

忘れ去られた巨大都市

ペトラは紀元前1世紀ごろに栄えた謎の巨大都市であり、ユネスコの世界文化遺産に登録されている考古学的にも重要な資料となる都市である。

ヨルダンにある死海とアカバ湾の間の渓谷に位置し、岩礁を削って作られた赤に染まった都市が特徴。

古代ナバテア人により築かれたペトラは当時貴重だった香辛料などのスパイス交易の中継地点として栄え、非常に反映した有力都市であった。

しかし、非常に繁栄したこの有力都市ペトラは14世紀以降突如としてその名を歴史上から消し、スイス人旅行者ヨハンルートヴィヒブルックハルトに再発見されるまでの間その名は完全に忘れ去られていたのだ。

その間およそ2000年。

これこそペトラが『忘れ去られた都市』、『失なわれた都市』とよばれるゆえんである。

そしてこの巨大都市と呼ばれるペトラは現在発掘されている部分は全体のおよそ1%に過ぎないとも言われており、その巨大さが分かる。(現在発掘されている部分だけでも観光として見て回るには4日前後を要する。)

この広大な都市を古代ナバテア人の人々は岩礁を削って見事な建造物に作り上げたのである。

106年にはローマ皇帝トラヤヌス帝により属州化されたとされるペトラには未だ解明されぬ謎多き建造物が多数あるのだ。

その中でもエルカズネとよばれる宝物殿は他とは比べ物にならない程に巨大であり、その壁面に施された彫刻も特に精密なものである。

スポンサーリンク

古代人の技術力の証明=宝物殿エルカズネ

Al_Khazneh_02

高さ43メートルという、この目を見張るほどに大きく、精密な彫刻の施されたエルカズネであるが、現在この建造物が作られた理由に関しては分かっていないが、エルカズネは神聖な王を祀った王墓としての役割を果たしていると推測されている。

このエルカズネは切り立った岩の壁を削って作られたもので、自然の岩礁を人工的に削ることでここまで大きな建造物が作れるという古代人の建築、彫刻技術の高さをうかがい知ることが出来る。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 歴史ミステリー

  関連記事

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

現代にのこる物理的謎ー鎌鼬(かまいたち)とは

日本には古くから言い伝えられる伝承などのようなものに妖怪がある。 この鎌鼬(かま …

no image
頭部を失ってもなお生きたニワトリ

アメリカコロラド州で農家を営むロイド・オルセン家での話である。 1945年9月1 …

オーランメダン号の怪異

1948年、航行中のシルバースター号はインドネシア・マラッカ海峡で一つの無線信号 …

no image
ノアの方舟

ノアの方舟は多くの方が聞いたことがあるだろう。 ノアの方舟の伝説はユダヤ教、キリ …

no image
行方不明になった自衛隊機

1973年6月の夜、栃木県の陸上自衛隊駐屯基地から一機の自衛隊機が飛び立った。 …

no image
目に見えない怪物

1951年、フィリピンのマニラで奇怪な事件が発生した。 一人の警察官が巡回中、女 …

ギロチンによる斬首後の意識

ギロチンとは斬頭を目的とした処刑道具で世界的に有名である。 このギロチンは数十キ …

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

1988年3月18日、名古屋市中川区にあるマンションである猟奇事件が発生した。 …

no image
心霊手術

インドやフィリピンなど一部の地域で古来から行われてきたとする心霊手術というものが …