あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

幻の砂漠都市ペトラ

      2015/07/09

忘れ去られた巨大都市

ペトラは紀元前1世紀ごろに栄えた謎の巨大都市であり、ユネスコの世界文化遺産に登録されている考古学的にも重要な資料となる都市である。

ヨルダンにある死海とアカバ湾の間の渓谷に位置し、岩礁を削って作られた赤に染まった都市が特徴。

古代ナバテア人により築かれたペトラは当時貴重だった香辛料などのスパイス交易の中継地点として栄え、非常に反映した有力都市であった。

しかし、非常に繁栄したこの有力都市ペトラは14世紀以降突如としてその名を歴史上から消し、スイス人旅行者ヨハンルートヴィヒブルックハルトに再発見されるまでの間その名は完全に忘れ去られていたのだ。

その間およそ2000年。

これこそペトラが『忘れ去られた都市』、『失なわれた都市』とよばれるゆえんである。

そしてこの巨大都市と呼ばれるペトラは現在発掘されている部分は全体のおよそ1%に過ぎないとも言われており、その巨大さが分かる。(現在発掘されている部分だけでも観光として見て回るには4日前後を要する。)

この広大な都市を古代ナバテア人の人々は岩礁を削って見事な建造物に作り上げたのである。

106年にはローマ皇帝トラヤヌス帝により属州化されたとされるペトラには未だ解明されぬ謎多き建造物が多数あるのだ。

その中でもエルカズネとよばれる宝物殿は他とは比べ物にならない程に巨大であり、その壁面に施された彫刻も特に精密なものである。

スポンサーリンク

古代人の技術力の証明=宝物殿エルカズネ

Al_Khazneh_02

高さ43メートルという、この目を見張るほどに大きく、精密な彫刻の施されたエルカズネであるが、現在この建造物が作られた理由に関しては分かっていないが、エルカズネは神聖な王を祀った王墓としての役割を果たしていると推測されている。

このエルカズネは切り立った岩の壁を削って作られたもので、自然の岩礁を人工的に削ることでここまで大きな建造物が作れるという古代人の建築、彫刻技術の高さをうかがい知ることが出来る。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 歴史ミステリー

  関連記事

童話・浦島太郎の恐ろしい話

日本昔話や童話として日本では知らない人はいないくらい有名な浦島太郎。 昔話は伝説 …

ベルメスの顔は、本物かフェイクなのか!?

スペインのアンダルシア地方にあるハエン県にある、ベルメス・デ・ラ・モラレーダの民 …

未確認飛行物体は実在する?マンテル大尉事件

1948年1月8日。アメリカ空軍所属の戦闘機ノースアメリカンP-51が墜落すると …

no image
三人の子供に起きた不思議な出来事、ファティマの聖母

ポルトガルにあるファティマという小さな町で1916年、不思議な出来事が起こった。 …

平成の神隠し

今回は未解決事件を紹介したい。 1989年、春の兆しが見え始めた3月7日、 松岡 …

今なお謎の多きブラックホール

ブラックホール 謎の多い宇宙の中でもブラックホールは特に謎が多く、また通常では理 …

【マレーシア航空機失踪】日本近海にあるドラゴントライアングルの真相

マレーシア航空370便が行方不明になってから、早3年半が経過した。その行方を巡っ …

no image
孤島にある灯台の謎

バハマ諸島の近くにあるグレート・イサク・キーという島をご存じだろうか。 この島に …

no image
人体自然発火現象

人体自然発火現象は古来から多く起きていたようだ。 読んで字のごとく火気のない状態 …

no image
心霊手術

インドやフィリピンなど一部の地域で古来から行われてきたとする心霊手術というものが …