あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

幻の砂漠都市ペトラ

      2015/07/09

忘れ去られた巨大都市

ペトラは紀元前1世紀ごろに栄えた謎の巨大都市であり、ユネスコの世界文化遺産に登録されている考古学的にも重要な資料となる都市である。

ヨルダンにある死海とアカバ湾の間の渓谷に位置し、岩礁を削って作られた赤に染まった都市が特徴。

古代ナバテア人により築かれたペトラは当時貴重だった香辛料などのスパイス交易の中継地点として栄え、非常に反映した有力都市であった。

しかし、非常に繁栄したこの有力都市ペトラは14世紀以降突如としてその名を歴史上から消し、スイス人旅行者ヨハンルートヴィヒブルックハルトに再発見されるまでの間その名は完全に忘れ去られていたのだ。

その間およそ2000年。

これこそペトラが『忘れ去られた都市』、『失なわれた都市』とよばれるゆえんである。

そしてこの巨大都市と呼ばれるペトラは現在発掘されている部分は全体のおよそ1%に過ぎないとも言われており、その巨大さが分かる。(現在発掘されている部分だけでも観光として見て回るには4日前後を要する。)

この広大な都市を古代ナバテア人の人々は岩礁を削って見事な建造物に作り上げたのである。

106年にはローマ皇帝トラヤヌス帝により属州化されたとされるペトラには未だ解明されぬ謎多き建造物が多数あるのだ。

その中でもエルカズネとよばれる宝物殿は他とは比べ物にならない程に巨大であり、その壁面に施された彫刻も特に精密なものである。

スポンサーリンク

古代人の技術力の証明=宝物殿エルカズネ

Al_Khazneh_02

高さ43メートルという、この目を見張るほどに大きく、精密な彫刻の施されたエルカズネであるが、現在この建造物が作られた理由に関しては分かっていないが、エルカズネは神聖な王を祀った王墓としての役割を果たしていると推測されている。

このエルカズネは切り立った岩の壁を削って作られたもので、自然の岩礁を人工的に削ることでここまで大きな建造物が作れるという古代人の建築、彫刻技術の高さをうかがい知ることが出来る。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 歴史ミステリー

  関連記事

no image
ツングースカ大爆発

強烈な空振(air burst) が発生し、半径約30キロメートルにわたって森林 …

no image
敬虔なキリスト教徒に現れる謎の傷 聖痕現象

聖痕現象とは何らかの理由で人体に突然現れる傷の事で、一般的にキリストが十字架に磔 …

no image
かの有名なファラオ=ツタンカーメン王の遺体から見る様々な謎と歴史的背景

黄金のマスクとしてもかの有名なツタンカーメン王であるが、彼には多くの謎が今なお語 …

ツタンカーメンを初めとする死者の呪いは現実に起こり得るのか

ツタンカーメン王の呪い 死者の呪いと聞いてまず頭に思い浮かぶのは、古代エジプト1 …

オレゴンの渦

アメリカ・オレゴン州にオレゴンの渦(オレゴンヴォーテクス)と呼ばれる場所がある。 …

no image
歴史に残る凶悪事件マンソンファミリー

1960年代末から70年代のはじめにかけてアメリカ・カルフォルニアで凄惨な事件が …

no image
言葉を知らない少年

1828年5月26日、ドイツのニュルンベルクで一人の16歳ほどと思われる少年が発 …

no image
航海史史上最大の謎とされるメアリーセレスト号事件

メアリーセレスト号はスペンサー島のノバスコシアで建造された二本マストの帆船である …

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …

no image
100年間腐らない不思議な水の謎・100年水

石川県能登半島にある珠洲岬はパワースポットとして有名で、聖域と呼ばれている。 こ …