あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

世界の行ってはいけない危ない場所

      2016/09/24

世界には様々な理由で『行ってはいけない場所』というのが存在する。

我々は地球上に生き、地球上で生活している。
場所は違えどこの同じ空間でそういった場所が存在するというのは不思議な感じもするし、なにより興味をそそられはしないだろうか。

ここではそんな世界中の決して立ち入ってはいけない危険な場所をジャンル別にセグメント化して取り上げる。

スポンサーリンク

自然環境的に危ない場所

nyos

カメルーンにあるニオス湖は致死性の高濃度の二酸化炭素を噴出しつづけ、その周辺一帯は人が近寄れない危険地帯になっている。

1986年に起きたニオス湖からの二酸化炭素ガス噴出現象から現在まで危ない状態は続いており、この災害発生当時はおよそ1700人もの人が命を落とした。

また現在でも周囲の家畜は命を落とすことが頻繁にあるそうだ。

軍事的に立ち入りを禁止されている場所

432

ロシアのカリーニングラード州は重要な軍需産業の中心地であり、特別区に指定されており、一般人の立ち入り禁止はおろか地図にさえ記されていない隠匿された都市である。

このような地図上その存在すらも消されてしまった場所は世界にも多く存在し、その背景には各国独自の時代背景が関係しているようだ。

本サイト内の記事でも更に詳しく書いた記事(地図上に存在しない都市)があるのでそちらを参照。

治安的な意味で危ない場所

スポンサーリンク


日本に住んでいる我々にとっては当たり前のことでも海外では違う。

日本は世界的に見てもかなり治安の良い国で、ニュースなどで殺人事件や痛ましい事件が発生はしているもののその頻度などは世界で治安が悪いと言われている場所とは比べ物にならない。

南アフリカ ヨハネスブルグ中央部

johannesburg20a

現在戦争中の国を除いての治安の悪さは世界的に見てもワースト3に入ると言われている場所。

赤信号で車を止めた瞬間に強盗集団に取り囲まれ銃を向けられるという。

その治安の悪さから、地元警察が正式に『赤信号では止まらないこと』という通達を出すほど。

また道に面した商店などはシャッターではなく鉄格子や有刺鉄線が張られ物々しい雰囲気になっている。

ヨハネスブルグのポンテシティアパート

ff82b83280754749962848e60f38dfd41ad54a6a1238763620

こちらも南アフリカ。

ヨハネスブルクにある超高層マンション『ポンテシティアパート』はアフリカにある住宅の中では最高の高さを誇り、かつては白人富裕層の富の象徴ともされ栄えていたが現在の治安の悪さは世界最悪レベル。

1日の殺人事件発生件数は80件以上であり、そのうち20名もの観光客が命を落とすと言われている。

地元ではその治安の悪さは『生存時間15秒』とも例えられ、マンション周辺はギャングの割合が非常に高く一般観光客は絶対に寄り付いてはいけない。

コロンビア

126845933989916201509_rio002

コロンビアは政府や行政が指定した特定危険地区などはない。

しかし、犯罪件数は世界指折りであり国土全体が危険地区と言った状態になっている。

1日に殺人事件は70件以上、24分ごとに車が盗まれている。

コロンビアで殺人事件などに巻き込まれ亡くなった人の遺体の数は1年間に平均8,600体にのぼると言われている。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の行ってはいけない場所

  関連記事

no image
人間の感情に関する不思議・ストックホルム症候群

ストックホルム症候群というのを聞いたことがあるだろうか。 精神医学界には不思議な …

狭山事件とトトロの関連性とは

トトロと言えばジブリ映画の代表的作品。 そんなトトロには昔から都市伝説的な話が後 …

自然治癒力?プラシーボ効果とは

日本語で偽薬効果と訳されるプラシーボ効果。 本来効き目のないはずの薬を体に投与し …

no image
何気ない行動が引き起こした恐ろしい事態

何でもないような日常の遊びの中で、おこった非常に恐ろしい事件があった・・・ 世界 …

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …

【画像あり】アメリカ史に残る猟奇事件ブラック・ダリア事件!犯人は?

1947年1月15日、1人の女性の変死体が発見された。 第一発見者である女性はこ …

ツタンカーメンを初めとする死者の呪いは現実に起こり得るのか

ツタンカーメン王の呪い 死者の呪いと聞いてまず頭に思い浮かぶのは、古代エジプト1 …

モアイ像の謎

世界的にも広く知れ渡り、多くの観光客が訪れるイースター島に存在する巨大人面石造・ …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅰ

2000年11月2日、アメリカでウェブ上の掲示板に一人の男が未来から来たと自称す …

no image
言葉を知らない少年

1828年5月26日、ドイツのニュルンベルクで一人の16歳ほどと思われる少年が発 …