あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

ギロチンによる斬首後の意識

      2015/07/09

kineticsteamworks : steam powered guillotine

ギロチンとは斬頭を目的とした処刑道具で世界的に有名である。

このギロチンは数十キロの重りを付けた刃が落下してくることにより痛みを感じる暇さえもなく即死させると言われているが、この斬頭後にも意識があるとする説がある。

そもそもギロチンはという処刑装置は最大限痛みを和らげるためにフランス革命期に開発された物と言われ欧米では日本で現在採用されている絞首刑よりも人道的であるとされているようだ。

この斬首後の意識の有無についての議論は以前から多くの医師たちの立会いの下研究されてきたのだが意識の有無を正確に確かめる方法が無かったため正確なことは分かっていない。

フランス革命期の著書にはギロチンにかけられることになった科学者ラボアジエは聴衆に向かって斬首後、意識があり可能な限り瞬きをすることを宣言して実際にして見せたという記述がある。

また1956年には論文も発表されており瞳孔反応を確認したという。

スポンサーリンク

しかしこれらの意見には疑問の声も多く、斬首後には一瞬にして血圧低下が起き意識はなくなるため意識的な瞬きは物理的に不可能であるという見解が多数をしめている。

一部の文献によれば眼球を動かしたという証言もあるが、眼球を動かす神経はどうやら脊椎にあるようで胴体から切り離された状態で動かすことは不可能であるとされている。

瞬きが確認されるのは筋肉の痙攣によるものと一般的にはされているが、立ち合いの医師の呼びかけの声に反応して目を開けたという報告もありはっきりしたことは分かっていない。

今では世界のほとんどの国でギロチンは禁止されており、人道的、倫理的な面からも行われることはないものと思われるので謎のままなのだが、もし本当に斬首後に意識があるとすれば相当残酷な話だろう。

ちなみに、ギロチンに関する話題として有名なオイゲン・ヴァイトマンをご存じだろうか。

5人の殺人の罪に問われフランス最後のギロチンによる刑死者であるが、この1939年の公開処刑の一部始終は隠し撮りされ公開されたのだ。

この白黒の映像は現在ネット上で閲覧可能であるが、心臓の弱い人はやめておいた方がいいだろう。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
人体自然発火現象

人体自然発火現象は古来から多く起きていたようだ。 読んで字のごとく火気のない状態 …

no image
天狗が書いた?謎の巻物

「天狗の詫び状」と言われる判読不能の巻物がある。 万治元年(1658年)の頃、天 …

no image
大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交 …

no image
何気ない行動が引き起こした恐ろしい事態

何でもないような日常の遊びの中で、おこった非常に恐ろしい事件があった・・・ 世界 …

no image
死ぬまで仮面をつけ続けた囚人の謎

その男は1669年から1703年、実に34年間、牢獄の中で捕われて死亡した。 不 …

現代にのこる物理的謎ー鎌鼬(かまいたち)とは

日本には古くから言い伝えられる伝承などのようなものに妖怪がある。 この鎌鼬(かま …

no image
ティワナク遺跡・プマ=プンク

プマ・プンクとは南米ボリビア、ティワナク遺跡に存在するプレ・インカ期の建造物であ …

【画像あり】アメリカ史に残る猟奇事件ブラック・ダリア事件!犯人は?

1947年1月15日、1人の女性の変死体が発見された。 第一発見者である女性はこ …

no image
オーストラリア史上最大の謎

1948年、オーストラリアの海岸で1人の男性の死体が発見された。 夏のオーストラ …

no image
敬虔なキリスト教徒に現れる謎の傷 聖痕現象

聖痕現象とは何らかの理由で人体に突然現れる傷の事で、一般的にキリストが十字架に磔 …