あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

輪廻は実在するのか。生まれ変わった双子。

      2015/07/09

双子が遭遇した不慮の事故

1957年某日、イギリス在住の11際になる双子ジョアンナとジャクリーンはいつものように日曜の礼拝に両親と共に参加していた。

その帰り、まだ幼いジョアンナとジャクリーンは二人でふざけあいながら歩いているとそこに一台の乗用車が突っ込んできた。

双子はその乗用車にほぼ同時にはねられ、二人とも死亡してしまった。

最愛の娘を失った両親は落胆し、特に母親の落胆ぶりは激しく魂が抜けたかのようになっていた。

夫は妻を励まそうと『ジョアンナとジャクリーンはきっと私たちの元へ帰ってくる。いや、絶対に!』と言葉をかけたが、妻は『気休めを言わないで!』と聞く耳を持つ様子ではなかった。

だが、輪廻転生という宗教上の概念を真剣に信じていた夫にとっては気休めではなく、ジョアンナとジャクリーンは絶対に自分たちの下へ帰ってくるのだという強い確信めいたようなものを感じていたのだ。

双子を失った両親に起こった奇跡

スポンサーリンク

それから間もなくして、妻が妊娠していることを知った夫は『やった!ジョアンナとジャクリーンが帰ってきた!』と言って大変喜んだが、妻の方はそんな非科学的なことをいつまでも言っている夫に半ば嫌気がさしていた。

妊娠が発覚した時にはまだ性別も分からない初期の段階で、双子かどうかも分からないのにもかかわらず夫は本気で信じているようだった。

しかし、時がたち、おなかの中の子が双子だと分かり、そして女の子であると分かったとき妻はありえないと思いながらも頭にはジョアンナとジャクリーンの事がかすめた事もまた事実だった。

そして無事出産したこの双子を見て両親は驚愕した。

一人の子の眉のあたりに切り傷のような傷跡があり、もう一人の子のお尻にはあざのようなものがあったからだ。

そう、それは不慮の事故で亡くなってしまった双子ジョアンナとジャクリーンにも同じ場所に同じような傷跡とあざがあった。

ジョアンナの眉の部分には幼いころに転んで作った切り傷の後があり、ジャクリーンのお尻には生まれつきのあざがあったのだ。

この見覚えのある傷跡に両親は言葉を失った。

双子はすくすくと健康に育ち、3歳になったある日、ジョアンナとジャクリーンの生まれ変わりを確信させることを双子は口にした。

その時、ジョアンナとジャクリーンがまだ生きていたころに住んでいた家から引っ越していた家族はわけあって再びその地へと戻ってきた。

昔住んでいた家に近づいていくと双子は不思議なことを口走る。

『あ!おうちだ!またブランコで遊びたい!』と言ったのだ。

勿論この双子は一度もこの地に来たことはないしジョアンナとジャクリーンが良く遊んでいたブランコの存在も知らない。

そして『スザンヌと早くあそびたい!』『私も!』と双子は言った。

このスザンヌとはジョアンナとジャクリーンが良く遊んでいた人形の名前だった。

両親はこのとき、この双子は本当にジョアンナとジャクリーンの生まれ変わりだと確信した。

この後も双子は成長する中で度々ジョアンナとジャクリーンしか知らないはずの事柄について口にすることがあったが、6歳になったある日を境にその様なことは一切口にしなくなってしまったようだ。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

ドイツで起きた謎の子供大量失踪事件

1284年、ドイツのハーメルンで子供が集団疾走するという奇怪な事件が起きた。 そ …

no image
敬虔なキリスト教徒に現れる謎の傷 聖痕現象

聖痕現象とは何らかの理由で人体に突然現れる傷の事で、一般的にキリストが十字架に磔 …

no image
古代核戦争説

一般的に人類の文明はメソポタミア、インダス、黄河、エジプト文明の四大文明に起源を …

平成の神隠し

今回は未解決事件を紹介したい。 1989年、春の兆しが見え始めた3月7日、 松岡 …

no image
恐怖の病・ウェンディゴ症候群

アメリカ北部などのネイティブアメリカン、インディアンの間で古くから言い伝えられる …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅰ

2000年11月2日、アメリカでウェブ上の掲示板に一人の男が未来から来たと自称す …

no image
人間の感情に関する不思議・ストックホルム症候群

ストックホルム症候群というのを聞いたことがあるだろうか。 精神医学界には不思議な …

no image
多くの議論を呼ぶナポレオンの死の謎

誰もが知っているナポレオン・ボナパルトであるが、その死には謎が多い。 ナポレオン …

no image
現実になった架空小説

エドガーアランポーの冒険小説『ナンタケット島出身のアーサーゴードンピムの物語』と …

no image
天狗が書いた?謎の巻物

「天狗の詫び状」と言われる判読不能の巻物がある。 万治元年(1658年)の頃、天 …