あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

【マレーシア航空機失踪】日本近海にあるドラゴントライアングルの真相

   

doragontri

マレーシア航空370便が行方不明になってから、早3年半が経過した。その行方を巡っては様々な憶測が飛び交ったが、最終的にはインド洋に墜落したとされている。しかし未だに機体の殆どは見つからず、原因も墜落地点も特定されていない。

そんな中で、ペラ州の前州首相がTwitterで発言した「新しいバミューダトライアングルだ」という発言が非難されたことを記憶している諸兄も多いことだろう。確かに何の痕跡も残さずに航空機が消失する様はバミューダトライアングルを思わせる。知名度も抜群であり、不謹慎であることを除けば適切な表現ともいえる。

ところで、この日本にもバミューダトライアングルと並び称される魔の海域があることをご存知だろうか。それが、ドラゴントライアングルである。

スポンサーリンク

恐怖のドラゴントライアングル

2017-10-30_14h21_04

ドラゴントライアングルは、超常現象研究家のチャールズ・バーリッツらが提唱した非常に危険な海域で、主に日本よりも海外で噂されることが多い。必然日本での知名度は低いのだが、海外では大変な知名度を誇る。それはかのニューヨーク・タイムスで「魔の海」として報道されたことからも明らかであろう。

具体的な場所としては、千葉県野島崎と小笠原諸島の西之島新島、グアムを結んだ三角形の海域になる。三角形と言っても極めて細長いのだが、この範囲内で失踪した、或いは失踪したと思われる船舶、航空機は枚挙に暇がない。

最も有名なのは、1952年に発生した第五海洋丸の行方不明事件であろう。海が荒れていたわけでもないのに、天下の海上保安庁の船舶が突如消息を絶ったのである。この事件では、海上保安庁の測量船である『第五海洋丸』に乗船していた乗組員31人全員が殉職した。

また、1970年に発生した『かりふぉるにあ丸』に連なる連鎖事故もこの海域内で発生した。まず、かりふぉるにあ丸がこの海域で航行不能となり沈没した。多くの報道陣がこの魔の海域に押し寄せた。その結果、なんと今度は報道用にチャーターされた航空機が行方不明になってしまったのである。

これら以外にも1963年の洞南丸、1969年のぼりばあ丸など様々な船舶・航空機が行方不明になっている。

だが、これだけの行方不明を生み出しているドラゴントライアングルが、なぜ日本国内で知られていないのだろうか。

ドラゴントライアングルの真実?

実は、ドラゴントライアングル内部で起こったとされている事故はほとんどその原因が解明されているのである。

例えば、先に挙げた第五海洋丸の事件。実はこの船は海底火山の噴火を観測している途中だった。そう、彼らはただ噴火に巻き込まれただけだったのだ。

具体的には、伊豆南部にある明神礁という海底火山の噴火に巻き込まれたものとみられている。(ただし、この近くに存在する高根礁というう海底火山の噴火に巻き込まれたという説もあり)もちろん遺留品も発見されており、原因不明ではない。

かりふぉるにあ丸の事件は、まず高波を受けて2度受けて航行不能となり、SOS信号も発信している。乗員もほとんどが救助されており、謎の行方不明ではない。

事故を取材して行方不明になったチャーター機も、飛行計画が杜撰なものだったために燃料切れを発生させたということが明らかになっており、水上不時着の目撃者もいる。そもそも野島崎の「東」320kmで発生した事故であり、ドラゴントライアングル内部の事故ではない。

そのほか原因が不明な事故も、多くがドラゴントライアングル外部での事故であるか、そもそも発生していたかどうかも明らかではない。バーリッツは日本海軍の船舶も犠牲になったというが、その証拠もない。さらに言えばドラゴントライアングルという名称すらバーリッツが勝手に名付けたもので、「東洋だからドラゴン」という安直な理由で決められたものだ。

では、ドラゴントライアングルはただのでっちあげなのだろうか。

やはり残るドラゴントライアングルの謎

varugu

実は、ドラゴントライアングルの謎はすべて解き明かされたわけではない。先ほど「ほとんど」と書いたのはその為である。

原因が不明な事故の中でも特に有名なのは、やはり1979年に発生したヴァリグ・ブラジル航空967便の事故だろう。数多くの美術品を含む貨物を満載にした大型ジェット機が消息を絶った事故。それにも関わらず救難信号・フライトレコーダーやボイスレコーダーの信号・遺留品のいずれも発見されなかったため、事故原因について当時様々な議論が巻き起こっていた。一部ではロシアによる陰謀論まで囁かれていたが、実はこの事故、発生したと思われる場所がちょうどドラゴントライアングルの内部なのだ。

また、2008年に発生したイージス艦「あたご」と漁船の衝突事故。これも実はドラゴントライアングル内部で発生している。まだ記憶に新しいこの衝突事故は、ニュースや新聞などでも大々的に報道された。これも実はドラゴントライアングルの内部で発生している。

事故調査によって報告書にまとめられた事故原因は「自衛隊員と漁師の監視不足」である。だが、熟練の自衛隊員と海の男が果たして同時に、しかも偶然お互いを見逃すだろうか。ましてや、片方はレーダー及び、情報処理能力が極めて高いイージス艦である。この事故は本当にただの事故なのか?

もう一つの魔の海域とドラゴントライアングル

スポンサーリンク

実はかつて、日本にはまた別の魔の海域があった。

先ほど挙げた『かりふぉるにあ丸』の事故。その現場である野島崎の東の海域が正にそう呼ばれていたのだ。最高で1週間に5件の海難事故を起こしたこの海域は、徹底した調査により数万回に一回という確率で20mに届こうかという高波を発生させることが明らかになったのである。気象庁はこれに対応したシステムを構築し、現在ではこの海域において海難事故はほとんどない。

果たしてドラゴントライアングルにこのような謎が残っていないと誰が言いきれるだろう。この海域で発生した事故は、火山観測を行っていたのにその火山に巻き込まれる、双方の監視不足など明らかに注意力不足が原因のものが多い。

この海域に、人間の注意力を失わせる「何か」があるとしても何の不思議もない。ただ、世界で噂されているようなミステリーや都市伝説などというものとは少し違い、このドラゴントライアングルは何かの自然現象によって引き起こされる物理的な原因が事故に大きく影響していると考えられる。

しかし、そうはいっても、その真実が明らかになるまで、この海域はやはり恐るべき「ドラゴントライアングル」なのである。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
輪廻は実在するのか。生まれ変わった双子。

双子が遭遇した不慮の事故 1957年某日、イギリス在住の11際になる双子ジョアン …

no image
幻の砂漠都市ペトラ

忘れ去られた巨大都市 ペトラは紀元前1世紀ごろに栄えた謎の巨大都市であり、ユネス …

no image
頭部を失ってもなお生きたニワトリ

アメリカコロラド州で農家を営むロイド・オルセン家での話である。 1945年9月1 …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅱ

彼の説明によれば、この世界の時間軸は一つではなく無数にあるという理論だった。 時 …

未確認飛行物体は実在する?マンテル大尉事件

1948年1月8日。アメリカ空軍所属の戦闘機ノースアメリカンP-51が墜落すると …

【画像あり】アメリカ史に残る猟奇事件ブラック・ダリア事件!犯人は?

1947年1月15日、1人の女性の変死体が発見された。 第一発見者である女性はこ …

no image
恐怖の病・ウェンディゴ症候群

アメリカ北部などのネイティブアメリカン、インディアンの間で古くから言い伝えられる …

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

no image
縄文人は優れた航海技術を持った海洋民族だった?

バヌアツ共和国で出土した縄文土器 縄文時代は今から約1万6000年前から約300 …

レインメーカー

今から100年以上も前に人工的に雨を降らせる技術を持つ男が存在した。 名をチャー …