あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

航海史史上最大の謎とされるメアリーセレスト号事件

      2016/09/24

メアリーセレスト号はスペンサー島のノバスコシアで建造された二本マストの帆船である。

1872年12月4日、メアリーセレスト号はポルトガル沖のの海上で近くを通りかかったデイ・グラチア号により大西洋を無人のまま彷徨っているところを発見された。

不審に思ったデイ・グラチア号の乗組員がメアリーセレスト号の船内へと入ってみると人は誰一人としていなかった。

スポンサーリンク

無人で漂流していたメアリーセレスト号の謎

出港時、メアリーセレスト号には船長ベンジャミン・ブリッグズとその妻、娘の他船員7名の計10名の乗組員がいたことが分かっているが、誰一人として船内に残っている者はいなかった。

船内の調査を初めにしたデイ・グラチア号の一等航海士デボーは『船全体がびしょ濡れ』であることをまず報告したという。

デッキの浸水状態もひどく船内までびしょ濡れだったことからも当初、高波に襲われ海に投げ出されたという推論もされたがそう考えるには不自然な状況が船内には残されていた。

羅針盤は壊され、水平方向の角度を測定するために用いられる六分儀と航海に用いられる高精度な時計であるクロノメーターが失われていたことから故意的に船を遺棄したということがうかがえた。

さらに船内の手すりには意味深な3つの血痕が発見され、壁にはこれまた理解に苦しむ謎の引っ掻き傷が残されていた。

他にもデイ・グラチア号の乗組員らによる報告によると、船内に残されていた船長の航海日誌はデイ・グラチア号に発見される10日前から書かれていなかったということが明らかになっている。

現場に残された数々の不思議な物証から世間の注目を集め、大々的に報道がなされたが、この事件の本当に不可思議な点はメアリーセレスト号の乗組員たちの消息が現在に至るまで1人として不明なところである。

事件の真相はいかに

スポンサーリンク


『船内の手すりから謎の血痕』や『壁に残された謎の引っ掻き傷』、さらには『乗組員全員の消息が不明なこと』など不可思議な点が多く残されていたメアリーセレスト号事件は当時から様々な推論を呼び、日本でも数年前のオカルトブーム時には意図的に現場に残された状況を誇大に書き換えいかにもオカルト的な表現がなされた。

当時のオカルトブームの中で一部のオカルトファンの間では、『まだ温かいままの朝食が残されていた』などいかにも乗組員たちの消息が不明なことを、タイムスリップや未確認生物による誘拐説などと結びつけるような表現がなされたが、メアリーセレスト号の船内調査を行ったデイ・グラチア号の乗組員たちの報告書にはこのような記述は一切見られない。

このため、現在一般的に知られるメアリーセレスト号事件にかかわる謎とされている物には事実とは違った、オカルトファンを煽り立てるためだけに脚色された作り話であるものが大変多いようだ。

しかし、『乗組員全員の消息が今なお不明』というのは事実であり、当局の懸命な捜査にもかかわらず100年以上経った現在でもその消息は誰一人としてわかっていないのだ。

そして科学的、論理的な側面からの調査が本格的に行われると、謎の血痕や引っ掻き傷などから海賊襲撃説などが挙げられたが、それにしては船内の状況が荒らされておらず、綺麗すぎること等からこの説は否定された。

この他にも竜巻説や地震説を始め、さまざま検証がなされたがいずれの説も有力な物とは言えなかった。

そして一部の研究者の間では、バミューダトライアングルなどによる魔の海域説や大ダコのような巨大生物による襲撃など科学的・生物学的には何の根拠もない憶測まで飛び出す結果となり、この事件の真相は現在も闇に包まれている。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

no image
オーストラリア史上最大の謎

1948年、オーストラリアの海岸で1人の男性の死体が発見された。 夏のオーストラ …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅰ

2000年11月2日、アメリカでウェブ上の掲示板に一人の男が未来から来たと自称す …

no image
カブレラストーン 考古学の常識を塗り替える?

イカ川で発見されたなぞ大きオーパーツ。 世界的にも議論を巻き起こし、考古学の常識 …

no image
三人の子供に起きた不思議な出来事、ファティマの聖母

ポルトガルにあるファティマという小さな町で1916年、不思議な出来事が起こった。 …

オーランメダン号の怪異

1948年、航行中のシルバースター号はインドネシア・マラッカ海峡で一つの無線信号 …

生物学的に説明のつかない男性妊娠の真実

生物学的に男性が妊娠することなど可能なのか? 普通に考えればありえない事で、生物 …

【画像あり】アメリカ史に残る猟奇事件ブラック・ダリア事件!犯人は?

1947年1月15日、1人の女性の変死体が発見された。 第一発見者である女性はこ …

異世界への扉 100年以上解読されないヴォイニッチ手稿の謎

1912年、ポーランド系アメリカン人で革命家のウィルフリッド・ヴォイニッチはイタ …

no image
ティワナク遺跡・プマ=プンク

プマ・プンクとは南米ボリビア、ティワナク遺跡に存在するプレ・インカ期の建造物であ …