あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

童話・浦島太郎の恐ろしい話

      2016/09/24

日本昔話や童話として日本では知らない人はいないくらい有名な浦島太郎。

昔話は伝説や逸話といういかにも信じがたいような内容が描かれているが、この浦島太郎もそのうちの一つだ。

あなたが知っている浦島太郎の話はどのようなものだろうか?

おそらく、『いじめられていた亀を助けた浦島はその亀にお礼として竜宮城に連れて行ってもらい、その手土産の玉手箱を帰宅後に開けてみるとたちまちおじいさんになってしまった。』という話だろう。

これだけでも十分疑問点というか、不思議な点が多い話だが、実はこの浦島太郎の話には恐ろしい解釈が存在するのだ。

スポンサーリンク

世にも恐ろしい浦島太郎

むかし太郎という男がいた。

この太郎は女遊びの激しい性格で、毎晩毎晩、遊郭などに行って飲み歩き夜の街を楽しむのが日課だった。

ある日、いつもの様に街をさまよっていると一人の女性が数人の男に絡まれているではないか。

太郎は女性を助けた。

その女性はお亀という名の女性で、数人の男たちから身を守ってくれた太郎にお礼がしたいといい、町のはずれにある竜宮城という場所に連れて行ってもらえることになった。

お亀によればこの竜宮城で召使として働いているという。

竜宮城はとてつもなく大きく、中に入ると今まで見たことの内容な装飾品や贅の数々が目にはいってきた。

お亀に案内されるがまま、太郎は部屋に入る。

お礼として食事などが振舞われ、太郎は緊張しながらもその食事を口にした。

そこにお亀が寄ってきて、キセルのような(今でいうタバコ)ものを差し出した。

『太郎さん。これ吸ったことありますか?』

お亀が聞くと太郎は無いと答えたので、お亀の勧めもあり吸ってみた。

するとたちまち辺りは華やかな世界に包まれた。

お亀しかいなかったはずの女性も数人に増え、太郎は女性に囲まれながら楽しく酒を飲んだ。

太郎はやみつきになり、それを吸わずにはいられなくなった。

しかし、実はその女性たちは幻覚であり、竜宮城に存在していた女性たちは見るも絶えないような醜い女性たちばかりであった。

太郎はその女性の子供を産ませるためだけの道具に過ぎなかったのだ。

長い間竜宮城に監禁されていた太郎はやせ細り、すっかりおじいさんの様になってしまった。

太郎の帰宅が許され、その手土産として玉手箱を持たされた。

家に帰り、親も家もなくなり、周囲は自分の知らない光景が広がる。

それを見た太郎は絶望感に打ちひしがれ、手土産に貰った玉手箱を開けてみる。

するとそこには竜宮城で吸ったキセルのような吸う道具が入っていた。

太郎は慌てて吸った。

すると辺りの風景は一変し、幻覚を見た太郎は気がおかしくなってしまい、崖から足を滑らして海に転落してしまう。

浦島太郎の真実

スポンサーリンク


この話は本でも出版された本当は怖い童話にも載っていた。

上の中で出てくる太郎が吸ったものはアヘンとも言われている。

いづれにしても、人間に幻覚作用をきたすいまでいう覚醒剤のようなものだったと思われる。

太郎はその幻覚作用のある麻薬のようなものを吸わされ、女性の良い道具として使われてしまったという話。

こじ付けの様にも感じるが、煙が出てきてたちまちおじいさんになってしまうとか、海の中にある竜宮城にいったというよりは現実味のある話だろう。

逆に現実味がありすぎて怖いと思うのだが、あなたはどう考えるだろうか?

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 童話にまつわるミステリー

  関連記事

no image
オーストラリア史上最大の謎

1948年、オーストラリアの海岸で1人の男性の死体が発見された。 夏のオーストラ …

no image
ノアの方舟

ノアの方舟は多くの方が聞いたことがあるだろう。 ノアの方舟の伝説はユダヤ教、キリ …

no image
大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交 …

ジョージア・ガイドストーンの謎 現代の十戒

現代の十戒とも呼ばれる巨石がアメリカのジョージア州にある。 (十戒とは予言者モー …

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅰ

2000年11月2日、アメリカでウェブ上の掲示板に一人の男が未来から来たと自称す …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅱ

彼の説明によれば、この世界の時間軸は一つではなく無数にあるという理論だった。 時 …

no image
現実になった架空小説

エドガーアランポーの冒険小説『ナンタケット島出身のアーサーゴードンピムの物語』と …

no image
人体自然発火現象

人体自然発火現象は古来から多く起きていたようだ。 読んで字のごとく火気のない状態 …