あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

現実になった架空小説

      2015/05/03

エドガーアランポーの冒険小説『ナンタケット島出身のアーサーゴードンピムの物語』という話をご存知だろうか。

ストーリは以下のようなものである。

遭難した船に乗り合わせていた4人の男たちがボートで大海原を漂流する。

食糧も水もないため死はすぐ目の前までやってきていた。

そんなとき1人の男がどうせ死ぬのならと4人でくじ引きをし、当たった者を3人が食料として食い殺す。と言い出した。

3人はこのままでいても死んでいくだけなので誰も異論は無くくじ引きが行われた。

くじ引きの結果、リチャードパーカーという1人の男が選ばれ食い殺されてしまう。

スポンサーリンク

この小説の本筋はこの話題ではないが話の一説に上記のような場面が描写される。

この小説自体残酷だが、恐怖小説としても知られるポーの小説では特に珍しいものではない。

ただ、奇妙なのはこの小説が偶然とは思えぬほどのシンクロニシティを起こしたことである。

この小説の発刊の46年後、イギリス船籍のミニョエット号という船が航行中に難破し、4人の男が救命ボートで大海原へと漂流することになる。

水も食料もほとんどなく、飲むものと言えばわずかな雨水だけだった。

漂流はおよそ1か月に渡った。

漂流から20日ほどたったある時1人の男がくじ引きで3人の為にその身を捧げる者を一人決めようと提案した。

しかし、この提案に反対するものがいた為、結局行われなかった。

この提案から程なくして4人のうちでは最年少者である17歳の青年が衰弱死したため、残った3人はその死体を食料として食べた。

この事件は実際に起きたものでミニョエット号事件として記録されている。

これだけでも奇妙な一致と言えるのだが、驚くべきはその食い殺された青年の名前である。

その名もリチャードパーカー。

小説に登場する食い殺された男と同姓同名であったのだ。

貴方はこの奇妙な一致を偶然として考えられるであろうか。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

狭山事件とトトロの関連性とは

トトロと言えばジブリ映画の代表的作品。 そんなトトロには昔から都市伝説的な話が後 …

no image
天狗が書いた?謎の巻物

「天狗の詫び状」と言われる判読不能の巻物がある。 万治元年(1658年)の頃、天 …

no image
敬虔なキリスト教徒に現れる謎の傷 聖痕現象

聖痕現象とは何らかの理由で人体に突然現れる傷の事で、一般的にキリストが十字架に磔 …

ジョージア・ガイドストーンの謎 現代の十戒

現代の十戒とも呼ばれる巨石がアメリカのジョージア州にある。 (十戒とは予言者モー …

no image
歴史に残る凶悪事件マンソンファミリー

1960年代末から70年代のはじめにかけてアメリカ・カルフォルニアで凄惨な事件が …

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

no image
オーストラリア史上最大の謎

1948年、オーストラリアの海岸で1人の男性の死体が発見された。 夏のオーストラ …

サンジェルマン伯爵

18世紀のヨーロッパに不老不死など数多くの伝説を持ったサンジェルマン伯爵という1 …

ベルメスの顔は、本物かフェイクなのか!?

スペインのアンダルシア地方にあるハエン県にある、ベルメス・デ・ラ・モラレーダの民 …

長年の謎に終止符が打たれた、デスバレーの動く石

アメリカ・カリフォルニア州にあるシエラネバダ山脈の東部に位置しているデスバレー( …