あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

カブレラストーン 考古学の常識を塗り替える?

      2016/09/24

イカ川で発見されたなぞ大きオーパーツ。

世界的にも議論を巻き起こし、考古学の常識を根底から覆すかもしれないとまで言われた。

そんな世界の注目を集めたのがカブレラストーンだ。

常識では考えられない考古学の魅力がそこにはあった。

スポンサーリンク

世界的な議論にまで発展したオーパーツ

img_478113_12206766_3

世界的に有名になったオーパーツにカブレラストーンがある。

オーパーツに関する詳しい解説は『世界各地から発見されるオーパーツの謎』を参照。

このカブレラストーンはイカ川で1961年に発見され、その石の表面に彫刻で描かれた内容が物議を醸した。

石の表面には人間が描かれており、それと共に恐竜のような物も描かれていた。

人類の直接の祖先とされるホモサピエンスの誕生が約40万年前。

恐竜は約6000万年以上前に生息していたと考えられ、当然共存は考えられない。

しかし、このカブレラストーンには人類と恐竜が同じ石に描かれ、また頭部や心臓といった近代医学だからこそ成せる高度な外科手術の内容も描かれており、考古学者たちは『人類と恐竜とが共存してたとする考古学の常識を根底から覆す大発見』の可能性があるとしてたちまち噂は広まった。

それに加え、ペルーの調査機関マウリシオ・ホッホシルト社の調査の結果、このカブレラストーンは今からおよそ1万2000年以上前に作られたものだと言う事が判明した。

この年代測定結果もあいまって、カブレラストーンは世界的に知られるオーパーツとなった。

カブレラストーンの真相

スポンサーリンク


実はこのカブレラストーン、発見当初から研究者たちの見解は大きく二つに分かれていた。

年代測定結果の1万2000年以上前の技術では到底考えられない彫刻面の鋭さから、近代に作られたものであるとする研究者も多かったのだ。

しかし、酸化度合いによる年代測定は表面を故意的に焼くことで酸化度合いが増し、正しい年代測定ができないことがある。

後にこのカブレラストーンに関するイギリスBBCの取材に対して、石を作ったと告白する人物があらわれ議論は幕を閉じた。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅰ

2000年11月2日、アメリカでウェブ上の掲示板に一人の男が未来から来たと自称す …

no image
人体自然発火現象

人体自然発火現象は古来から多く起きていたようだ。 読んで字のごとく火気のない状態 …

no image
数百年燃え続ける火災の謎

アメリカペンシルバニア州の町セントラリアで1962年、大規模な坑内火災が発生した …

no image
パラレルワールド

今から50年以上昔、フランスである奇妙な事件が起こった。 赤ん坊の子守りをしてい …

no image
ティワナク遺跡・プマ=プンク

プマ・プンクとは南米ボリビア、ティワナク遺跡に存在するプレ・インカ期の建造物であ …

no image
巌流島の決闘と小次郎の祟り

小次郎の謎と巌流島の祟り 佐々木小次郎と言えば細川藩の剣術指南役であり巧みな刀の …

no image
頭部を失ってもなお生きたニワトリ

アメリカコロラド州で農家を営むロイド・オルセン家での話である。 1945年9月1 …

今なお謎の多きブラックホール

ブラックホール 謎の多い宇宙の中でもブラックホールは特に謎が多く、また通常では理 …

自然治癒力?プラシーボ効果とは

日本語で偽薬効果と訳されるプラシーボ効果。 本来効き目のないはずの薬を体に投与し …

no image
縄文人は優れた航海技術を持った海洋民族だった?

バヌアツ共和国で出土した縄文土器 縄文時代は今から約1万6000年前から約300 …