あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

オーランメダン号の怪異

      2016/07/06

1948年、航行中のシルバースター号はインドネシア・マラッカ海峡で一つの無線信号を受信した。

その無線信号はインド・ジャカルタに向かって航行中だったオランダ船籍の商船オーラン・メダン号からの物であり、この船の無線技士と思われる人物からであった。

彼は、船員のほとんどが死亡したこと、そして自分自身も死の危機に瀕していることなどを伝え、無線は途中で切れてしまった。

スポンサーリンク

シルバースター号の船員が見た恐ろしい光景

不審に思ったシルバースター号はオーラン・メダン号に近づき船員を乗り込ませると、オーラン・メダン号の乗組員たちは恐怖におののくような凄まじい形相で倒れている死体が山のようにあったという。

死体は人間だけでなく犬までもが死体となって発見された。

まるで死の直前にこの世の物とは思えない恐ろしいものを見たかのような表情をしていた遺体であったが、その遺体のどこを調べてみても外傷らしき傷は何一つ見当たらなかった。

それどころか、この船、オーラン・メダン号自体全くの無傷であったのである。

ますます不審に思ったシルバースター号の乗組員たちが船内の調査をしようとしたその時、オーラン・メダン号は激しい爆発音とともに炎上しシルバースター号の乗組員たちは撤退を余儀なくされた。

乗組員たちの撤退後、激しく炎上したオーラン・メダン号の船体は傾き、多くの乗組員たちの亡骸を乗せた船体は海の底に沈んでいった。

後日、調査がなされたが詳しい沈没原因などは特定されず、最終的な調査結果は『何らかの突発的要因による』として片づけられた。

乗組員の死亡原因に至っては船体が炎上したこと、沈没していることなどから手掛かりがほとんどなく、今現在もほとんどが謎に包まれており死亡原因は特定されていない。

ちなみに、オーラン・メダン号へ近づいた際の状況をシルバースター号の乗組員が後に語った話によると、事件当初オーラン・メダン号の船体は無数の鮫によって取り囲まれていたということである。

これが何を意味するのかは分からないが、一説には有毒ガスの発生などが挙げられている。たしかに有毒ガスを吸ったことで乗組員たちがおぞましい形相の末、最期を迎えたという考え方も出来るが、海の上であることや船の構造などから考えてみても有毒ガスが発生するような状況にはなかったと思われる。

数々の研究者が検証を重ね、調査をしてきたが、この有毒ガス説も有力な見解というまでには至っていない。

また、オーランメダン号事件同様、航海上の謎として語り継がれている物には他にメアリーセレスト号事件がある。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

オレゴンの渦

アメリカ・オレゴン州にオレゴンの渦(オレゴンヴォーテクス)と呼ばれる場所がある。 …

no image
孤島にある灯台の謎

バハマ諸島の近くにあるグレート・イサク・キーという島をご存じだろうか。 この島に …

no image
多くの議論を呼ぶナポレオンの死の謎

誰もが知っているナポレオン・ボナパルトであるが、その死には謎が多い。 ナポレオン …

no image
心霊手術

インドやフィリピンなど一部の地域で古来から行われてきたとする心霊手術というものが …

no image
目に見えない怪物

1951年、フィリピンのマニラで奇怪な事件が発生した。 一人の警察官が巡回中、女 …

no image
敬虔なキリスト教徒に現れる謎の傷 聖痕現象

聖痕現象とは何らかの理由で人体に突然現れる傷の事で、一般的にキリストが十字架に磔 …

異世界への扉 100年以上解読されないヴォイニッチ手稿の謎

1912年、ポーランド系アメリカン人で革命家のウィルフリッド・ヴォイニッチはイタ …

サンジェルマン伯爵

18世紀のヨーロッパに不老不死など数多くの伝説を持ったサンジェルマン伯爵という1 …

no image
魔の三角地帯『バミューダトライアングルの謎』

『魔の三角地帯』通称バミューダトライアングルを聞いたことはあるだろうか? これは …

日本犯罪史上最多の被害者を出した津山事件の真相

岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾は自然の多いのどかな集 …