あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

実在した?浦島太郎と竜宮城伝説

      2015/05/03

浦島太郎を知らない人はいないだろう。

子供のころ、お伽噺としてよく語られるこの浦島太郎だがその話のあらすじは以下のようなものである。

海岸を歩いていた浦島太郎は心無い子供たちにいじめられている亀を見つけた。

浦島太郎はその亀を助けると亀はそのお礼として浦島太郎を自らの背に乗せ、海底の底にある竜宮城へと連れてこられる。

浦島太郎はそこで時間も忘れ、夢のようなひと時を過ごした。

帰り際竜宮城のお姫様から玉手箱をもらった浦島太郎は陸につくとその箱を開けてみた。

すると煙が吹き出し、浦島太郎はたちまちおじいさんになってしまった。

ニュアンスの違いはあれたいていこのように語られる浦島太郎の物語だが、この浦島太郎と竜宮城が実在したという説がある。

この説は当然日本の正史として語られることはなく、ほとんど知られてもいない。

スポンサーリンク

そもそも、この正史というものは日本書紀や古事記といった日本に古くから伝わる古文書から導き出された歴史であるが実際にはこの古文書が保護された当時の大和朝廷以外にも地方各地に大和朝廷に匹敵、またはそれをも凌ぐ文明が起こっていたという。

その大和朝廷に匹敵する程にまで繁栄したとされる荒吹(あらはばき)文明という文明が青森県にあった。

この文明が存在したという記述は東北地方に古くから伝わる古文書『東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』に見られる。

東日流外三郡誌という古文書だが、当時あったこの荒吹文明は大和朝廷に敗れた側の古文書であるので、その文明が現在の正史に残らず抹消されたという。

大和朝廷に敗れた当時の地方文明の歴史を綴った古文書はことごとく偽書の烙印を押された。

そうした理由から東日流外三郡誌も偽書の一種とされてきたが、この記述に基づく発掘調査などから様々な遺跡が発見されたことにより、必ずしも偽書とは言えないということが分かってきた。

そして御伽草子によれば、浦島太郎は現在の京都沿岸から10日間、小舟で海に出たという記述がある。

当時の潮の流れや、手漕ぎであること、方角、期間などを考慮すると浦島太郎は10日後に青森県沿岸にたどり着いたのではないかということが分かった。

この青森県こそ、当時、非常に繁栄したという荒吹文明が存在したとされる地なのである。

また、多くの古文書には浦島太郎と思われる人物の名前が記されており、そのどれもが一致している。

本名、水江浦嶋子(みずのえうらしまこ)、日本書紀によれば出生地は丹波国余社群(現在の京都府与謝郡伊根町)であり、この伊根町には日本最古の浦島神社が存在するのだ。

浦島太郎伝説のように、竜宮城は海底に眠る豪華絢爛なお城ではなかったが、もしかするとそれは当時栄えた荒吹文明であり、それを見た浦島はお伽噺で語られるような豪華絢爛な夢の世界であるかのように思ったのかもしれない。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 歴史ミステリー

  関連記事

日本犯罪史上最多の被害者を出した津山事件の真相

岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾は自然の多いのどかな集 …

怪事件・フィラデルフィア計画とテレポーテーション

今なお解明されぬ瞬間移動・テレポーテーション 瞬間移動やテレポーテーションと言っ …

【マレーシア航空機失踪】日本近海にあるドラゴントライアングルの真相

マレーシア航空370便が行方不明になってから、早3年半が経過した。その行方を巡っ …

no image
目に見えない怪物

1951年、フィリピンのマニラで奇怪な事件が発生した。 一人の警察官が巡回中、女 …

no image
オーストラリア史上最大の謎

1948年、オーストラリアの海岸で1人の男性の死体が発見された。 夏のオーストラ …

no image
行方不明になった自衛隊機

1973年6月の夜、栃木県の陸上自衛隊駐屯基地から一機の自衛隊機が飛び立った。 …

no image
古代核戦争説

一般的に人類の文明はメソポタミア、インダス、黄河、エジプト文明の四大文明に起源を …

no image
死ぬまで仮面をつけ続けた囚人の謎

その男は1669年から1703年、実に34年間、牢獄の中で捕われて死亡した。 不 …

no image
歴史に残る凶悪事件マンソンファミリー

1960年代末から70年代のはじめにかけてアメリカ・カルフォルニアで凄惨な事件が …

no image
心霊手術

インドやフィリピンなど一部の地域で古来から行われてきたとする心霊手術というものが …