あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

孤島にある灯台の謎

      2015/05/03

バハマ諸島の近くにあるグレート・イサク・キーという島をご存じだろうか。

この島には1859年に高さ46メートルの灯台が建てられた。

この灯台こそがグレート・イサク・キー島を有名にさせた事件の大元である。

この島の灯台は近くを通る貿易船のために重宝されていたものだったが1969年にある事件が起こった。

島の灯台守の二人が忽然と姿を消したのである。

50年近くたった今でもこの二人の消息は不明のままである。

スポンサーリンク

元々この二人以外の人間はこの島にはいなかったため現在、この島は無人島となり古ぼけた灯台だけがそびえたっている。

さまざまな憶測を呼んでいるが現在でもなにも手掛かりがないのは実に不可解な事件だろう。

これは比較的最近の事件でもあることから公式的な記録としても残っている。

当時から地元では有名な事件であったようなので島から抜け出したとしてもすぐに見つかっただろう。

ところでこの島には地元である言い伝えがある。

1800年代後半、この島の沖合で難破した船から一人の幼児が流れ着いたという。

それからというもの、満月の夜になるとこの島では幼児の母親と思われる女の鳴き声が響き渡るそうだ。

まさかこの夜な夜な聞こえる女性の声が関係してる・・・?なんていうことは考えにくいが、この近くはハリケーンがしばしば発生する地帯であり、このハリケーンが影響しているという説がある。

しかし、ハリケーンと言っても島には小屋があるから避難できただろう。

竜巻大国のアメリカなど平地が多い場所では車や家すらも飛ばしてしまうような突風が吹くことがあるが、もしこの島に同じような規模のハリケーンが来たとしたら小屋もろとも飛ばされているはずである。

それなのに小屋は無傷のまま残っている。

また、この島はかの有名なバミューダトライアングルのそばにあるようでこれが影響したとする説もある。

この場合、二人は島を抜け出してバミューダトライアングルに差し掛かったところで海に沈んだということなのであろうか。

だとしたらこの二人が島を抜け出した理由は?

そもそもバミューダトライアングルの力の存在さえ微妙なものであるが・・・

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
恐怖の病・ウェンディゴ症候群

アメリカ北部などのネイティブアメリカン、インディアンの間で古くから言い伝えられる …

no image
三人の子供に起きた不思議な出来事、ファティマの聖母

ポルトガルにあるファティマという小さな町で1916年、不思議な出来事が起こった。 …

no image
歴史に残る凶悪事件マンソンファミリー

1960年代末から70年代のはじめにかけてアメリカ・カルフォルニアで凄惨な事件が …

オレゴンの渦

アメリカ・オレゴン州にオレゴンの渦(オレゴンヴォーテクス)と呼ばれる場所がある。 …

no image
言葉を知らない少年

1828年5月26日、ドイツのニュルンベルクで一人の16歳ほどと思われる少年が発 …

no image
縄文人は優れた航海技術を持った海洋民族だった?

バヌアツ共和国で出土した縄文土器 縄文時代は今から約1万6000年前から約300 …

【マレーシア航空機失踪】日本近海にあるドラゴントライアングルの真相

マレーシア航空370便が行方不明になってから、早3年半が経過した。その行方を巡っ …

no image
100年間腐らない不思議な水の謎・100年水

石川県能登半島にある珠洲岬はパワースポットとして有名で、聖域と呼ばれている。 こ …

陰陽師・安倍清明の呪術や呪文伝説は実話なのか

陰陽師・安倍清明… 彼はその出生や死没などを始め両親や血筋に至るまで数多くの謎が …

no image
世界各地から発見されるオーパーツの謎

オーパーツとはその時代には存在しえない、時代にそぐわない物を言い英語の『out …