あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

孤島にある灯台の謎

      2015/05/03

バハマ諸島の近くにあるグレート・イサク・キーという島をご存じだろうか。

この島には1859年に高さ46メートルの灯台が建てられた。

この灯台こそがグレート・イサク・キー島を有名にさせた事件の大元である。

この島の灯台は近くを通る貿易船のために重宝されていたものだったが1969年にある事件が起こった。

島の灯台守の二人が忽然と姿を消したのである。

50年近くたった今でもこの二人の消息は不明のままである。

スポンサーリンク

元々この二人以外の人間はこの島にはいなかったため現在、この島は無人島となり古ぼけた灯台だけがそびえたっている。

さまざまな憶測を呼んでいるが現在でもなにも手掛かりがないのは実に不可解な事件だろう。

これは比較的最近の事件でもあることから公式的な記録としても残っている。

当時から地元では有名な事件であったようなので島から抜け出したとしてもすぐに見つかっただろう。

ところでこの島には地元である言い伝えがある。

1800年代後半、この島の沖合で難破した船から一人の幼児が流れ着いたという。

それからというもの、満月の夜になるとこの島では幼児の母親と思われる女の鳴き声が響き渡るそうだ。

まさかこの夜な夜な聞こえる女性の声が関係してる・・・?なんていうことは考えにくいが、この近くはハリケーンがしばしば発生する地帯であり、このハリケーンが影響しているという説がある。

しかし、ハリケーンと言っても島には小屋があるから避難できただろう。

竜巻大国のアメリカなど平地が多い場所では車や家すらも飛ばしてしまうような突風が吹くことがあるが、もしこの島に同じような規模のハリケーンが来たとしたら小屋もろとも飛ばされているはずである。

それなのに小屋は無傷のまま残っている。

また、この島はかの有名なバミューダトライアングルのそばにあるようでこれが影響したとする説もある。

この場合、二人は島を抜け出してバミューダトライアングルに差し掛かったところで海に沈んだということなのであろうか。

だとしたらこの二人が島を抜け出した理由は?

そもそもバミューダトライアングルの力の存在さえ微妙なものであるが・・・

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
華城連続殺人事件

※注意 このページには残虐な表現が含まれています。 華城(ファンソン)連続殺人事 …

モアイ像の謎

世界的にも広く知れ渡り、多くの観光客が訪れるイースター島に存在する巨大人面石造・ …

ギロチンによる斬首後の意識

ギロチンとは斬頭を目的とした処刑道具で世界的に有名である。 このギロチンは数十キ …

オーランメダン号の怪異

1948年、航行中のシルバースター号はインドネシア・マラッカ海峡で一つの無線信号 …

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

no image
縄文人は優れた航海技術を持った海洋民族だった?

バヌアツ共和国で出土した縄文土器 縄文時代は今から約1万6000年前から約300 …

no image
古代核戦争説

一般的に人類の文明はメソポタミア、インダス、黄河、エジプト文明の四大文明に起源を …

no image
巌流島の決闘と小次郎の祟り

小次郎の謎と巌流島の祟り 佐々木小次郎と言えば細川藩の剣術指南役であり巧みな刀の …

no image
ツングースカ大爆発

強烈な空振(air burst) が発生し、半径約30キロメートルにわたって森林 …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅱ

彼の説明によれば、この世界の時間軸は一つではなく無数にあるという理論だった。 時 …