あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

頭部を失ってもなお生きたニワトリ

      2015/05/03

mike1

アメリカコロラド州で農家を営むロイド・オルセン家での話である。

1945年9月10日の晩、彼の家で食用のニワトリが首をはねられた。

ニワトリはオスで死後5か月ほどだった。

しかし、そのニワトリは首を落とされたのにも関わらず、たちまち歩き出し普段と変わらず餌をつつくような仕草さえ見せた。

ロイドもさすがに驚くがニワトリの生命力に心打たれこのニワトリを精一杯生かすことを決意する。

このニワトリはそのまま翌日も普段と変わらず生きており周りの人間を驚かせた。

スポンサーリンク

この不思議なニワトリを調べるために、ユタ大学へと運ばれ調査されることになった。

これを見た研究者たちもさすがに驚き、命を落とすことなく生き続けられる原因ははっきりしないものの恐らく首を落とされた際に出血した血液が凝固し、たまたま頸動脈をふさいでるのだろうという結論に達した。

不自由なく歩ける理由は脳幹のほとんどの部分が失われなかったためであるという。

このニワトリはマイクと名付けられ、アメリカ中を飛び回り各地で見世物にされ、水や餌を食べるときなどは直接首から入れられていたようだ。

この奇跡のニワトリ、マイクの噂はすぐに広まり全米で知られるようになった。

しかし、その興行中、マイクは餌をのどに詰まらせホテルの一室で深夜、ロイドの見守る中この世を去った。

その最後は意外なものであったが、マイクは首をはねられてから実に1年半もの長い間首なしで生き続けたのである。

この不思議なニワトリは現在でも写真が残っており、ギネスブックにも登録されている。

首なしで生き続けたニワトリ、マイクは本当に苦痛ではなかったのかと疑問になるがアメリカの動物愛護団体の調査によれば、マイクは存命中に苦痛は感じなかっただろうとのことである。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

オーランメダン号の怪異

1948年、航行中のシルバースター号はインドネシア・マラッカ海峡で一つの無線信号 …

【マレーシア航空機失踪】日本近海にあるドラゴントライアングルの真相

マレーシア航空370便が行方不明になってから、早3年半が経過した。その行方を巡っ …

レインメーカー

今から100年以上も前に人工的に雨を降らせる技術を持つ男が存在した。 名をチャー …

怪事件・フィラデルフィア計画とテレポーテーション

今なお解明されぬ瞬間移動・テレポーテーション 瞬間移動やテレポーテーションと言っ …

no image
ノアの方舟

ノアの方舟は多くの方が聞いたことがあるだろう。 ノアの方舟の伝説はユダヤ教、キリ …

no image
縄文人は優れた航海技術を持った海洋民族だった?

バヌアツ共和国で出土した縄文土器 縄文時代は今から約1万6000年前から約300 …

no image
恐怖の病・ウェンディゴ症候群

アメリカ北部などのネイティブアメリカン、インディアンの間で古くから言い伝えられる …

no image
航海史史上最大の謎とされるメアリーセレスト号事件

メアリーセレスト号はスペンサー島のノバスコシアで建造された二本マストの帆船である …

no image
敬虔なキリスト教徒に現れる謎の傷 聖痕現象

聖痕現象とは何らかの理由で人体に突然現れる傷の事で、一般的にキリストが十字架に磔 …

ドラキュラのモデルの一人と言われる串刺し公ーヴラド公爵

15世紀のルーマニアに残虐かつ見境ない処刑によって串刺し公の異名を取る男がいた。 …