あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

頭部を失ってもなお生きたニワトリ

      2015/05/03

mike1

アメリカコロラド州で農家を営むロイド・オルセン家での話である。

1945年9月10日の晩、彼の家で食用のニワトリが首をはねられた。

ニワトリはオスで死後5か月ほどだった。

しかし、そのニワトリは首を落とされたのにも関わらず、たちまち歩き出し普段と変わらず餌をつつくような仕草さえ見せた。

ロイドもさすがに驚くがニワトリの生命力に心打たれこのニワトリを精一杯生かすことを決意する。

このニワトリはそのまま翌日も普段と変わらず生きており周りの人間を驚かせた。

スポンサーリンク

この不思議なニワトリを調べるために、ユタ大学へと運ばれ調査されることになった。

これを見た研究者たちもさすがに驚き、命を落とすことなく生き続けられる原因ははっきりしないものの恐らく首を落とされた際に出血した血液が凝固し、たまたま頸動脈をふさいでるのだろうという結論に達した。

不自由なく歩ける理由は脳幹のほとんどの部分が失われなかったためであるという。

このニワトリはマイクと名付けられ、アメリカ中を飛び回り各地で見世物にされ、水や餌を食べるときなどは直接首から入れられていたようだ。

この奇跡のニワトリ、マイクの噂はすぐに広まり全米で知られるようになった。

しかし、その興行中、マイクは餌をのどに詰まらせホテルの一室で深夜、ロイドの見守る中この世を去った。

その最後は意外なものであったが、マイクは首をはねられてから実に1年半もの長い間首なしで生き続けたのである。

この不思議なニワトリは現在でも写真が残っており、ギネスブックにも登録されている。

首なしで生き続けたニワトリ、マイクは本当に苦痛ではなかったのかと疑問になるがアメリカの動物愛護団体の調査によれば、マイクは存命中に苦痛は感じなかっただろうとのことである。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …

no image
何気ない行動が引き起こした恐ろしい事態

何でもないような日常の遊びの中で、おこった非常に恐ろしい事件があった・・・ 世界 …

現代にのこる物理的謎ー鎌鼬(かまいたち)とは

日本には古くから言い伝えられる伝承などのようなものに妖怪がある。 この鎌鼬(かま …

陰陽師・安倍清明の呪術や呪文伝説は実話なのか

陰陽師・安倍清明… 彼はその出生や死没などを始め両親や血筋に至るまで数多くの謎が …

世界の行ってはいけない危ない場所

世界には様々な理由で『行ってはいけない場所』というのが存在する。 我々は地球上に …

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

no image
大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交 …

【画像あり】アメリカ史に残る猟奇事件ブラック・ダリア事件!犯人は?

1947年1月15日、1人の女性の変死体が発見された。 第一発見者である女性はこ …

日本犯罪史上最多の被害者を出した津山事件の真相

岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾は自然の多いのどかな集 …

長年の謎に終止符が打たれた、デスバレーの動く石

アメリカ・カリフォルニア州にあるシエラネバダ山脈の東部に位置しているデスバレー( …