あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

ロシアの怪僧ラスプーチン

      2015/05/03

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。

彼は自らを祈祷によって様々な病の治療ができる力を持つとし、生神女マリアの啓示を受けたと自称した。

当時から様々な噂がささやかれていたラスプーチンだったが、その名を世に轟かせるきっかけとなったのは1905年、時のロシア皇帝ニコライ2世に謁見し、血友病患者であったアレクセイ皇太子の治療であった。

ラスプーチンは祈祷をささげるとアレクセイ皇太子の症状はたちまちよくなり、病が治ったといわれている。

この後、ラスプーチンはこの出来事をきっかけに宮廷内で権勢をふるうようになるが、その一方で彼はその不思議な力や風貌から怪僧、怪物などと言って人々におそれられた。

スポンサーリンク

1916年、皇帝の姻戚ユスポフ公と、皇帝の従兄弟ドミトリー大公は宮廷内での晩餐の際、ラスプーチンは食事に青酸カリを盛られる。

しかし、彼は何事もなく食事を平らげ、その後も平然としていたという。

これを奇怪に思われ食後にいつものように祈りを捧げていたラスプーチンは背後から燭台で頭部を何回も殴打され、さらに、それでも致命傷を負わないラスプーチンの頭部に銃弾が4発打ち込まれ絨毯で巻かれ近くのネヴァ川まで引きずられた。

事件当初、冬のネヴァ川の水面は氷ついており、そこに穴があけられ絨毯にくるまれたラスプーチンは川へと投げ込まれた。

数日後ラスプーチンの遺体が発見されたが、司法解剖の結果、肺に水などが入っていたことから彼の死因は窒息死であると断定された。

つまり、頭を何度も殴打され、頭に銃弾を4発も受けていながら川に投げ込まれた時点で彼はまだ生きていたのである。

彼は死の直前、予言とも言える次のようなことを皇帝に告げていた。

『私は殺されます。その暇乞いに参りました。私を殺す者が農民であれば、ロシアは安泰でしょう。もし、私を殺す者の中に陛下のご一族がおられれば、陛下とご家族は悲惨な最期を遂げる事となりましょう。そしてロシアは長きにわたって多くの血が流されるでしょう』

この言葉通りに数年後、ロマノフ朝は崩壊することになる。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

生物学的に説明のつかない男性妊娠の真実

生物学的に男性が妊娠することなど可能なのか? 普通に考えればありえない事で、生物 …

童話・浦島太郎の恐ろしい話

日本昔話や童話として日本では知らない人はいないくらい有名な浦島太郎。 昔話は伝説 …

no image
ノアの方舟

ノアの方舟は多くの方が聞いたことがあるだろう。 ノアの方舟の伝説はユダヤ教、キリ …

no image
大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交 …

ツタンカーメンを初めとする死者の呪いは現実に起こり得るのか

ツタンカーメン王の呪い 死者の呪いと聞いてまず頭に思い浮かぶのは、古代エジプト1 …

サンジェルマン伯爵

18世紀のヨーロッパに不老不死など数多くの伝説を持ったサンジェルマン伯爵という1 …

no image
輪廻は実在するのか。生まれ変わった双子。

双子が遭遇した不慮の事故 1957年某日、イギリス在住の11際になる双子ジョアン …

狭山事件とトトロの関連性とは

トトロと言えばジブリ映画の代表的作品。 そんなトトロには昔から都市伝説的な話が後 …

no image
心霊手術

インドやフィリピンなど一部の地域で古来から行われてきたとする心霊手術というものが …

no image
現実になった架空小説

エドガーアランポーの冒険小説『ナンタケット島出身のアーサーゴードンピムの物語』と …