あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

オーストラリア史上最大の謎

      2015/07/09

1948年、オーストラリアの海岸で1人の男性の死体が発見された。

夏のオーストラリアの猛暑にもかかわらずセーターを身にまとっていた。

殺人事件として操作を開始した地元警察であったが犯人逮捕に重要な手がかりとなるはずの遺体の身元が特定出来ずにいたのだった。

指紋、歯型などあらゆる手段を尽くしたにもかかわらず男性の身元が判明する事は無かったため捜査は困難をきわめた。

この男性の遺体発見現場の近くの駅で男性の物と見られるスーツケースが見つかっておりその中には隠しポケットのついたズボンが発見され、そのポケットの中から『Taman Shud』と書かれた謎の紙切れが見つかった。

この紙切れのに書かれた『Taman Shud』とはどのような意味なのか。

犯人につながる手がかりが何もない状態でのこの紙切れの発見となったので警察も恐らく重要な意味を持つものだとして注目された。

そしてそのスーツケースの発見現場からほど近い場所で乗り捨てられた鍵のかかっていない車が発見され、その後部座席からは11世紀に活躍した有名なペルシア人詩人ウマル・ハイヤームの詩集であるルバーイヤートが見つかった。

スポンサーリンク

非常に貴重な書物であるこのルバーイヤートは一部が破り取られており、調査の結果スーツケースに入ったズボンのポケットから見つかった紙切れはこのルバーイヤートから切り取られたものだということが分かったのだ。

さらに表紙の裏には以下のような暗号らしき何やら奇妙な文字の羅列が書かれており、この暗号こそがこの事件を有名にさせた。

WRGOABABD
MLIAOI
WTBIMPANETP
MLIABOAIAQC
ITTMTSAMSTGAB

このルバーイヤートに書かれた暗号は暗号学者や専門機関、暗号解読を趣味とする暗号マニアなどの一般人に及ぶまで様々な人たちの研究対象になったにもかかわらず現在も未解読のままである。

当然男性の身元も今現在判明しておらず、犯人も捕まっていない未解決事件である。

そもそもこの暗号が犯人逮捕の決定的なヒントになるのかどうかすら分かっておらず、一部では余りにも解けない事から暗号ではないとする声もある。

しかし遺体となって発見された男性の物と思われるズボンから発見された紙切れ、そこに書かれた謎の文字、そしてその紙が切り取られた名著ルバーイヤートに記された謎の暗号。

これらの奇妙な物の数々はいったい何なのだろうか。

そしてこれほどまでに判明しない男性の身元とは。

今なお事件の大半が謎に包まれたオーストラリア史上稀にみる奇怪事件となった。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …

陰陽師・安倍清明の呪術や呪文伝説は実話なのか

陰陽師・安倍清明… 彼はその出生や死没などを始め両親や血筋に至るまで数多くの謎が …

no image
言葉を知らない少年

1828年5月26日、ドイツのニュルンベルクで一人の16歳ほどと思われる少年が発 …

no image
頭部を失ってもなお生きたニワトリ

アメリカコロラド州で農家を営むロイド・オルセン家での話である。 1945年9月1 …

no image
航海史史上最大の謎とされるメアリーセレスト号事件

メアリーセレスト号はスペンサー島のノバスコシアで建造された二本マストの帆船である …

no image
人体自然発火現象

人体自然発火現象は古来から多く起きていたようだ。 読んで字のごとく火気のない状態 …

ギロチンによる斬首後の意識

ギロチンとは斬頭を目的とした処刑道具で世界的に有名である。 このギロチンは数十キ …

no image
数百年燃え続ける火災の謎

アメリカペンシルバニア州の町セントラリアで1962年、大規模な坑内火災が発生した …

ベルメスの顔は、本物かフェイクなのか!?

スペインのアンダルシア地方にあるハエン県にある、ベルメス・デ・ラ・モラレーダの民 …

オーランメダン号の怪異

1948年、航行中のシルバースター号はインドネシア・マラッカ海峡で一つの無線信号 …