あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

今なお謎の多きブラックホール

      2016/09/24

ブラックホール

謎の多い宇宙の中でもブラックホールは特に謎が多く、また通常では理解できないような現象を引き起こすものであろう。

ブラックホールの特徴として有名な物は、宇宙空間でブラックホールに近づくありとあらゆる物を飲み込んでしまうというものである。

ブラックホールには凄まじい重力が働いており、『事象の地平面』と呼ばれる中心からある一定の距離内に入ってしまうとブラックホールの中心部に吸い込まれどんなものであれ二度と抜け出すことはできないとされている。

地球上で光は最も早いものとされており、音速を超える光速はインターネット通信技術にも応用されている。

この光ですらブラックホールに吸い込まれ、二度と抜け出すことはできないとされているから驚きである。

そもそもブラックホールとは何なのか

スポンサーリンク


ブラックホールという言葉を聞いたことがある人は多いかもしれないが、ブラックホールというものがいったいどのような物なのかを説明できる人はなかなかいない。

そもそもブラックホールも広い宇宙に無数に存在する星の一種である。

皆さんはブラックホールと聞いてどのような物を想像するだろうか。

中心が真っ黒で、その周囲は中心に行くにつれて歪んでいるようなものを想像したならばそれは正しい。

ではなぜブラックホールは星なのに地球や月のような丸い形をしていないのだろうか。

その答えは、ブラックホールの一番の特徴でもある想像を絶する莫大な重力に関係している。

地球や月といった星たちが球体を保っていられるのは圧力と星そのものが持つ重力がつり合っているからである。

宇宙に存在する星というのは全て個々に固有の寿命をもっており、星の寿命が来たとき太陽程度の星であれば白色矮星となり消えてゆきその一生お終える。

ところが太陽の30倍以上の質量を持つ巨大な星は、その寿命が来た瞬間、白色矮星とはならずに超新星爆発と呼ばれる大規模な爆発を起こすのだ。

この時、莫大な重力を持つこの星は中心に向かってどんどん収縮していき、邪魔するものが何もない宇宙空間では最終的に一点だけを残すのみとなる。

これがブラックホールの正体だ。

スポンサーリンク

ブラックホールは本当に存在するのか

ブラックホールの存在に関する議論は古くからされてきたテーマで、今となってはその存在はほぼ確実なものとなっている。

数年前まで不確実だったブラックホール存在だが、X線を用いた観測が可能になった近年、ブラックホールの存在はかなり確実なものとなった。

そして2008年には、OJ287と呼ばれる天体が太陽の質量の180億倍という巨大なブラックホールの集まりであることが判明しており、実証されている。

photo by:

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
天狗が書いた?謎の巻物

「天狗の詫び状」と言われる判読不能の巻物がある。 万治元年(1658年)の頃、天 …

no image
公式記録に残る超能力者・長南年恵

裁判で公式認定された超能力者・長南年恵 長南年恵は1863年(文久3年) に現在 …

no image
ツングースカ大爆発

強烈な空振(air burst) が発生し、半径約30キロメートルにわたって森林 …

no image
魔の三角地帯『バミューダトライアングルの謎』

『魔の三角地帯』通称バミューダトライアングルを聞いたことはあるだろうか? これは …

異世界への扉 100年以上解読されないヴォイニッチ手稿の謎

1912年、ポーランド系アメリカン人で革命家のウィルフリッド・ヴォイニッチはイタ …

no image
世界各地から発見されるオーパーツの謎

オーパーツとはその時代には存在しえない、時代にそぐわない物を言い英語の『out …

no image
上杉謙信女性説

かねてから噂のある上杉謙信女性説というのはご存じだろうか。 上杉謙信と言えば戦国 …

昭和を震撼させた一家殺害事件

1946年(昭和21年)3月、昭和を震撼させる一つの事件が起こった。 片岡仁左衛 …

オーランメダン号の怪異

1948年、航行中のシルバースター号はインドネシア・マラッカ海峡で一つの無線信号 …

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …