あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

風船で旅に出た日本人

      2015/05/08

人間は古来から鳥のように飛べることを願っていたとされるが、その夢をかなえるべく風船で空へ旅立った日本人がいた。

この日本人は当時新聞でも取り上げられたようで、その危険さから周囲は反対したがその静止を振り切り決行した。

1992年11月23日の夕方、通称風船おじさんと呼ばれたこの男性は琵琶湖の湖畔からヘリウムガスを入れた風船26個を檜風呂に装着して改良した「ファンタジー号」と名付けられた乗り物にのって空へと旅立っていった。

翌日には「朝焼けがきれいだよ」との声で無線通信ができたが、2日後にはSOS信号が発信されたため海上保安庁の探索機が出動する事態になった。

探索機は宮城県金華山沖の海上でおよそ2,500メートルから4,000メートルの地点で確認された。

確認後、数時間追尾したもののSOS信号は途中で切られファンタジー号は雲間に消えていったので海上保安庁の探索機は追尾を終了した。

スポンサーリンク

それ以降のSOS信号は確認されなく家族からの捜索願を受けたこともあってファンタジー号が到達するであろうカナダとアメリカに救助要請が出された。

しかし、この探索機が目撃した姿を最後にファンタジー号の行方は不明になった。

当然登場した通称風船おじさんも現在でも消息は不明である。

数々の捜索がなされたにもかかわらず発見されなかったが、多くの専門家の意見では生存は難しいだろうとの意見が多い。

ファンタジー号にのって大空へ旅立ったこの男性は借金苦に悩まされており、このファンタジー号の冒険によって借金返済をしようとしたことがそもそもの目的だったとされる。

当時からテレビ等の多くのマスコミが注目し報道されたこともあって、この風船おじさんの事件は日本国内に広く認知されることになった。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
数百年燃え続ける火災の謎

アメリカペンシルバニア州の町セントラリアで1962年、大規模な坑内火災が発生した …

no image
現実になった架空小説

エドガーアランポーの冒険小説『ナンタケット島出身のアーサーゴードンピムの物語』と …

平成の神隠し

今回は未解決事件を紹介したい。 1989年、春の兆しが見え始めた3月7日、 松岡 …

no image
大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交 …

ドイツで起きた謎の子供大量失踪事件

1284年、ドイツのハーメルンで子供が集団疾走するという奇怪な事件が起きた。 そ …

no image
行方不明になった自衛隊機

1973年6月の夜、栃木県の陸上自衛隊駐屯基地から一機の自衛隊機が飛び立った。 …

異世界への扉 100年以上解読されないヴォイニッチ手稿の謎

1912年、ポーランド系アメリカン人で革命家のウィルフリッド・ヴォイニッチはイタ …

狭山事件とトトロの関連性とは

トトロと言えばジブリ映画の代表的作品。 そんなトトロには昔から都市伝説的な話が後 …

no image
ツングースカ大爆発

強烈な空振(air burst) が発生し、半径約30キロメートルにわたって森林 …

レインメーカー

今から100年以上も前に人工的に雨を降らせる技術を持つ男が存在した。 名をチャー …