あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

多くの議論を呼ぶナポレオンの死の謎

      2016/09/24

誰もが知っているナポレオン・ボナパルトであるが、その死には謎が多い。

ナポレオンの人生は波乱万丈そのものであり、彼の残した功績、歴史的足跡も多く今なお多くのファンがいる。

ナポレオンはフランス第一帝政期に皇帝の座にまで上り詰め絶頂期を迎えるが、失脚後はセントヘレナ島に幽閉されその後わずか6年でその生涯に幕を閉じた。

このセントヘレナ島で死んだナポレオンの死因が現在でも多くの議論を呼ぶ一つの謎になっている。

スポンサーリンク

胃がんによる病死

よく言われている死因として胃がんによる病死が挙げられる。

これはナポレオンの専属医フランセスコ・アントマルキによる検死の結果結論付けられたものであり、検死官数人立会いのもと下された判断であったため信憑性は高いものと思われていた。

しかし、近代になりナポレオンの日記が正式に公の場に出されたことで胃がん説とは全く別の説が飛び出した。

毒殺説

スポンサーリンク


ヒ素による毒殺説である。

彼の日記にはヒ素中毒と思われる症状が記録されていたのだった。

また、残されたナポレオンの頭髪をイギリスの原子力機関が調査をした結果、彼の頭髪からは通常の数十倍ものヒ素が検出された。

この調査結果からナポレオンはヒ素により毒殺された毒殺説を支持するものも多くなりナポレオンの死因は多くの議論の的となるミステリーとなっていった。

この毒殺説では彼の遺産をねらった側近のモントロン将軍が犯人であるとされた。

モントロンはナポレオン邸でネズミ退治の仕事を任せられたという記録も残っており、その退治の際にヒ素を使ったとされ、ヒ素を手に入れることはさほど難しいことではなかった。

さらに、モントロンは大のワイン好きであったナポレオン邸の酒蔵庫の管理を任せられており彼の飲むワインにヒ素を混入させることも十分に可能であった。

自然発的によるヒ素中毒死説

しかし、当時では生活の中でヒ素が使われる機会は多く、意図的にヒ素を盛り込まれたのではなく知らぬ間にヒ素中毒になっていたのではないかと言う説が提唱された。

この時代では化粧品や塗料をはじめとするあらゆるものにヒ素が使われており、当然ナポレオン邸にもこの塗料が使用された絵画などが飾られていた。

そのうえ、ワインの樽を洗うためにヒ素が使用されていたという事実もあり、ワイン好きなナポレオンとしては十分に考えられることであった。

その証拠に彼の夫人の頭髪からも多量のヒ素が検出されたようだ。

いずれの説も現代にいたるまで決着がついておらずその死因は謎に包まれている。

現代であれば彼の遺体を再調査することによって死因の特定は難しいことではないようだが、肝心の遺体の掘り返しの許可が何十年も下りないのだそうで死因の特定がされる見込みは現在も立っていない。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 歴史ミステリー

  関連記事

no image
幻の砂漠都市ペトラ

忘れ去られた巨大都市 ペトラは紀元前1世紀ごろに栄えた謎の巨大都市であり、ユネス …

no image
目に見えない怪物

1951年、フィリピンのマニラで奇怪な事件が発生した。 一人の警察官が巡回中、女 …

no image
世界各地から発見されるオーパーツの謎

オーパーツとはその時代には存在しえない、時代にそぐわない物を言い英語の『out …

no image
孤島にある灯台の謎

バハマ諸島の近くにあるグレート・イサク・キーという島をご存じだろうか。 この島に …

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …

no image
100年間腐らない不思議な水の謎・100年水

石川県能登半島にある珠洲岬はパワースポットとして有名で、聖域と呼ばれている。 こ …

風船で旅に出た日本人

人間は古来から鳥のように飛べることを願っていたとされるが、その夢をかなえるべく風 …

no image
現実になった架空小説

エドガーアランポーの冒険小説『ナンタケット島出身のアーサーゴードンピムの物語』と …

日本犯罪史上最多の被害者を出した津山事件の真相

岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾は自然の多いのどかな集 …

平成の神隠し

今回は未解決事件を紹介したい。 1989年、春の兆しが見え始めた3月7日、 松岡 …