あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

ドイツで起きた謎の子供大量失踪事件

      2015/07/09

1284年、ドイツのハーメルンで子供が集団疾走するという奇怪な事件が起きた。

その子供の数およそ130人。

この年、事件の舞台となったハーメルンの村ではネズミの大量発生で食糧などが食い荒らされるなどの被害が多発していた。

そんなある日、この村にネズミ捕りを名乗る1人の謎の笛吹を名乗る男が現れた。

報酬と引き換えに笛吹き男はネズミを退治する事を約束し、ネズミ退治の依頼を引き受けた。

彼は近くの川へネズミをおびき寄せ、一匹残らず溺死させ見事に依頼を達成したのだった。

スポンサーリンク

しかし村の住人はこの笛吹き男への約束の報酬を出し惜しんだ。

約束を破られ、怒りを露わにしたこの笛吹き男は6月26日の朝にこの村を再び訪問し、村の大人たちが教会に集まっている隙を狙って笛を吹き、村中の子供たちを巧みに誘導して行った。

130人にも及ぶ大勢の子供たちを洞窟の前まで誘導した笛吹き男は子供たちを全員洞窟の中へ入れた。

そして自らも洞窟の中へ入った笛吹き男は内側から封印を掛け石の扉で堅く閉ざされてしまった。

以降、村人などの必死の捜索にも限らず子供たちが見つかる事はなかった。

現在に至るまで遺体すら発見されておらず世界に類を見ない謎多き大量失踪事件となった。

この伝承は長年に渡る調査が実際に行われている事からも分かるとおり1284年と古い事件であるが多くの人に認知された信憑性の高い事件である。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
かの有名なファラオ=ツタンカーメン王の遺体から見る様々な謎と歴史的背景

黄金のマスクとしてもかの有名なツタンカーメン王であるが、彼には多くの謎が今なお語 …

no image
カブレラストーン 考古学の常識を塗り替える?

イカ川で発見されたなぞ大きオーパーツ。 世界的にも議論を巻き起こし、考古学の常識 …

no image
頭部を失ってもなお生きたニワトリ

アメリカコロラド州で農家を営むロイド・オルセン家での話である。 1945年9月1 …

no image
魔の三角地帯『バミューダトライアングルの謎』

『魔の三角地帯』通称バミューダトライアングルを聞いたことはあるだろうか? これは …

no image
大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交 …

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

長年の謎に終止符が打たれた、デスバレーの動く石

アメリカ・カリフォルニア州にあるシエラネバダ山脈の東部に位置しているデスバレー( …

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …

ツタンカーメンを初めとする死者の呪いは現実に起こり得るのか

ツタンカーメン王の呪い 死者の呪いと聞いてまず頭に思い浮かぶのは、古代エジプト1 …

自然治癒力?プラシーボ効果とは

日本語で偽薬効果と訳されるプラシーボ効果。 本来効き目のないはずの薬を体に投与し …