あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

ツングースカ大爆発

      2015/05/03

強烈な空振(air burst) が発生し、半径約30キロメートルにわたって森林が炎上し、約2,150平方キロメートルの範囲の樹木がなぎ倒された。1,000キロメートル離れた家の窓ガラスも割れたという。破壊力はTNT火薬にして10-15メガトンと考えられている。爆発によって生じたキノコ雲は数百キロメートル離れた場所からも観測できた。イルクーツクでは、衝撃による地震が観測されたという。爆発地点では地球表面にはほとんど存在しない元素のイリジウムが検出されている。

巨大な爆発であったが、近くに村落が無かったため、死者は報告されていない。一時、死者1名と報告されていたが、誤報であることが明らかになっている。ただし非常に僻地であるため、発見されなかった犠牲者がいた可能性はある。

(wikipedia引用)

スポンサーリンク

TNT(トリニトロトルエン)はダイナマイトなどの原料として使用される化学物質ですが、TNT火薬にして10~15メガトンというのは第二次世界大戦中に広島に落とされた原子爆弾のおよそ2000倍という凄まじい威力です。

近くに住居などがもしあったら間違いなく木端微塵で跡形もないでしょう。

その当時の爆発の威力を示す証言として、現場から約1000キロメートル離れた家の窓ガラスが割れたという話もあるくらいだ。

問題はこの爆発の原因だが、様々な憶測は行きかっているものの現在も解決されていないようである。

爆発地点周辺では地球上にほとんど存在しないイリジウムが検出されたことから、小惑星などの隕石が衝突するという説が有力であるが爆発後に飛散するはずである隕石片などが周辺から全く見つからない点などから仮説にとどまっている。

また世界中の科学者によってガス噴出説やブラックホール説などが挙げられているが、そのどれもが確証性に欠けるものである。

世界中の学者の現地調査にもかかわらず現在も爆発原因が謎というこの事件ですが、個人的な意見としては隕石説が有力だと思っています。

ある科学者の現地聞き込み調査によると爆発直前に火球が降り注ぐのが見えたという意見もあるくらいですから恐らく隕石なのでしょう。

ただこれだけの爆発なのである程度大きい隕石が衝突したはずなのに破片が全く見つからないというのはやはり不思議ですが。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

ボーイ・イン・ザ・ボックス

1957年、アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィアの大手デパートチェーン店で …

no image
縄文人は優れた航海技術を持った海洋民族だった?

バヌアツ共和国で出土した縄文土器 縄文時代は今から約1万6000年前から約300 …

no image
平清盛にまつわる謎

平清盛と言えば、武家として史上初の太政大臣に任ぜられ政治の実権を握った人物である …

no image
人間の感情に関する不思議・ストックホルム症候群

ストックホルム症候群というのを聞いたことがあるだろうか。 精神医学界には不思議な …

no image
歴史に残る凶悪事件マンソンファミリー

1960年代末から70年代のはじめにかけてアメリカ・カルフォルニアで凄惨な事件が …

no image
オーストラリア史上最大の謎

1948年、オーストラリアの海岸で1人の男性の死体が発見された。 夏のオーストラ …

治癒してしまう奇跡!?ルルドの泉

フランスとスペインの国境、ピレネー山脈の麓にあるルルドという小さな町に数々の難病 …

no image
大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交 …

no image
三人の子供に起きた不思議な出来事、ファティマの聖母

ポルトガルにあるファティマという小さな町で1916年、不思議な出来事が起こった。 …

no image
目に見えない怪物

1951年、フィリピンのマニラで奇怪な事件が発生した。 一人の警察官が巡回中、女 …