あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

平清盛にまつわる謎

      2015/05/03

平清盛と言えば、武家として史上初の太政大臣に任ぜられ政治の実権を握った人物である。

平清盛は平氏の棟梁に上り詰め平家最盛期を気づきあげた権力者であったが、彼は実は平家出身者ではないという説がある。

そもそも、この時代の官職には家柄が深く関係しており、いくら有能な人物であってもその家柄によって出世に影響を与えていた。

清盛の父、平忠盛は中流階級の武士であり決してその位は高いものではなかった。

その長男として生まれた清盛がなぜ政治の最高位、現在に置き換えれば総理大臣である太政大臣にまで上り詰めることができたのかという疑問が浮かび上がる。

この謎には清盛の出生と深い関係がある。

スポンサーリンク

実は、清盛の父親は忠盛であるということはわかっているのだが、母親が誰かが明らかにされていないのだ。

これは太政大臣にまで上り詰める家柄としては普通ではありえない。

確証は得られていないものの、ある文献には清盛の母として祇園女御という名前が記されている。

この祇園女御という女性自体、生没年など詳しいことはほとんどが分かっていないのが実情なのだが、時の権力者、白河上皇に深い寵愛を受けていたという記録がある。

滋賀県に現存する胡宮神社には清盛、白河上皇、祇園女御を結びつける一つの巻物が保管されている。

そこには驚くべきことに、白河上皇と祇園女御の妹の間に生まれた子供が清盛であるという記述があるのである。

つまり、これによれば清盛は平家の血筋を一切受け継いでいないということが分かる。

これが清盛が平家ではないという説の根拠となるものであるが、これも憶測の域を出ていない。

しかし、この記述通り、清盛が白河上皇の子であったとすれば清盛が異例の太政大臣に大抜擢された理由もとしてもうなずける。

いずれにしても古い文献で新しい確証となる文献が出てこない限り結論付けることは難しいであろうが、これが清盛にまつわる謎の一説である。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 歴史ミステリー

  関連記事

サンジェルマン伯爵

18世紀のヨーロッパに不老不死など数多くの伝説を持ったサンジェルマン伯爵という1 …

童話・浦島太郎の恐ろしい話

日本昔話や童話として日本では知らない人はいないくらい有名な浦島太郎。 昔話は伝説 …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅱ

彼の説明によれば、この世界の時間軸は一つではなく無数にあるという理論だった。 時 …

no image
頭部を失ってもなお生きたニワトリ

アメリカコロラド州で農家を営むロイド・オルセン家での話である。 1945年9月1 …

no image
現実になった架空小説

エドガーアランポーの冒険小説『ナンタケット島出身のアーサーゴードンピムの物語』と …

no image
オーストラリア史上最大の謎

1948年、オーストラリアの海岸で1人の男性の死体が発見された。 夏のオーストラ …

no image
人間の感情に関する不思議・ストックホルム症候群

ストックホルム症候群というのを聞いたことがあるだろうか。 精神医学界には不思議な …

no image
大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交 …

ベルメスの顔は、本物かフェイクなのか!?

スペインのアンダルシア地方にあるハエン県にある、ベルメス・デ・ラ・モラレーダの民 …

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …