あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

行方不明になった自衛隊機

      2015/05/03

1973年6月の夜、栃木県の陸上自衛隊駐屯基地から一機の自衛隊機が飛び立った。

この時、駐屯基地の滑走路は閉鎖されており離着陸は全くなかったため管制塔の職員たちは驚いた。

管制塔のレーダーには離陸方向と飛び去った方向は把握できたが、相当な抵抗飛空だったためかその後の足取りは掴めなかった。

駐屯基地はその後大騒ぎになり、内部調査が行われた結果当時20歳の一人の隊員が飲酒の末行方不明になっていることが分かった。

その日のうちに飛び立った自衛隊機が戻ることはなく、翌日から1か月に渡って自衛隊機の捜索が行われた。

しかし懸命な捜索もむなしく、自衛隊機が発見されることはなかった。

スポンサーリンク

現在でもその行方は分かっておらず、その機体の一部すらも発見されていないという。

この隊員は1か月の捜索の後、生死不明のまま懲戒免職とされ、この自衛隊機の管理に関わっていた7名も管理問題を問われ処分されている。

専門家立ち合いの調査の結果では、自衛隊機が飛んでいった方角の先には海が広がっており、そこに酔った勢いで墜落したのではないかということだった。

もし本当に海に墜落したのであったら、結構な衝撃だったであろう。

にもかかわらず、目撃情報が一つもないのは悔やまれるところだろう。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
目に見えない怪物

1951年、フィリピンのマニラで奇怪な事件が発生した。 一人の警察官が巡回中、女 …

no image
世界中で起きるポルターガイスト現象の謎

ポルターガイスト現象といえば、手も触れていないのにもかかわらず、身の回りのものが …

no image
心霊手術

インドやフィリピンなど一部の地域で古来から行われてきたとする心霊手術というものが …

風船で旅に出た日本人

人間は古来から鳥のように飛べることを願っていたとされるが、その夢をかなえるべく風 …

no image
天狗が書いた?謎の巻物

「天狗の詫び状」と言われる判読不能の巻物がある。 万治元年(1658年)の頃、天 …

no image
歴史に残る凶悪事件マンソンファミリー

1960年代末から70年代のはじめにかけてアメリカ・カルフォルニアで凄惨な事件が …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅱ

彼の説明によれば、この世界の時間軸は一つではなく無数にあるという理論だった。 時 …

異世界への扉 100年以上解読されないヴォイニッチ手稿の謎

1912年、ポーランド系アメリカン人で革命家のウィルフリッド・ヴォイニッチはイタ …

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

1988年3月18日、名古屋市中川区にあるマンションである猟奇事件が発生した。 …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅰ

2000年11月2日、アメリカでウェブ上の掲示板に一人の男が未来から来たと自称す …