あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

レインメーカー

      2015/05/03

今から100年以上も前に人工的に雨を降らせる技術を持つ男が存在した。

名をチャールズハットフィールド(1876年ー1958年)、アメリカの気象学者である。

彼の実家は元々ミシンの販売業を営んでいたが、のちに農業に転身することになる。

しかし天候にされやすい農業は数年のうちに廃業してしまう。

数年後、彼は父と同じように天候に悩まされる農家の人々と関わり、これを機に天候を思い通りに左右させることはできないかと考えるようになる。

チャールズは天候を人工的に変化させる方法を模索し始めたとき、『大砲を打った後は雨が降る』という経験則に着目する。

スポンサーリンク

この経験則は理論的に実証されていたわけではないが、土ぼこりが天候に何らかの影響を及ぼしている物だと思われていた。

彼は4年もの歳月をかけて人工降雨機を作り出し、この機械を用いて『雨を降らせて欲しいと願うものから依頼を受け、雨を実際に降らせることができたら報酬を貰い、降らせることが出来なければ報酬を受け取らない』いわゆるレインメーカーと呼ばれる商売を始めることになる。

彼の人工降雨機の降雨率は実に高く、その噂はたちまち全米に広まった。

順調かと思われたこのレインメーカーという商売であったが、1916年に彼の運命を変える出来事が起きる。

この年のアメリカ、サンディエゴはダムの水が空になってしまうほどの大干ばつに見舞われた。

当然農業にも大きな影響がおよび、彼のもとへ人工降雨の依頼が舞い込んだ。

彼はいつも通り人工降雨の作業に取り掛かり、いつも通り雨を降らせることに成功したが、この雨は1か月以上もやむことがなかった。

当然この降雨によってサンディエゴは大災害を被り、ダム決壊、大洪水などの災害を引き起こした。

この件でチャールズは災害を引き起こした張本人として裁判にかけられてしまう。

しかし裁判結果は『科学的な降雨ではなく、偶発的に起きたものである』として無罪となる。

この裁判結果は言わばチャールズの人工降雨技術は科学的に認められないと言われているのと同じであり、彼はこの結果に落胆し以降人工降雨の技術を封印してしまう。

彼は死ぬまでこの技術を公に公表することはなかったため、現在ではこの降雨技術が科学的に重要な意味を持つものであるかどうかの判断は不可能である。

しかし、記録に残る26年にも渡る彼の人工降雨の中で失敗したのはわずかに2回だけであり、その技術の高さがうかがえるであろう。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
人体自然発火現象

人体自然発火現象は古来から多く起きていたようだ。 読んで字のごとく火気のない状態 …

ギロチンによる斬首後の意識

ギロチンとは斬頭を目的とした処刑道具で世界的に有名である。 このギロチンは数十キ …

no image
歴史に残る凶悪事件マンソンファミリー

1960年代末から70年代のはじめにかけてアメリカ・カルフォルニアで凄惨な事件が …

サンジェルマン伯爵

18世紀のヨーロッパに不老不死など数多くの伝説を持ったサンジェルマン伯爵という1 …

no image
孤島にある灯台の謎

バハマ諸島の近くにあるグレート・イサク・キーという島をご存じだろうか。 この島に …

未確認飛行物体は実在する?マンテル大尉事件

1948年1月8日。アメリカ空軍所属の戦闘機ノースアメリカンP-51が墜落すると …

no image
かの有名なファラオ=ツタンカーメン王の遺体から見る様々な謎と歴史的背景

黄金のマスクとしてもかの有名なツタンカーメン王であるが、彼には多くの謎が今なお語 …

no image
幻の砂漠都市ペトラ

忘れ去られた巨大都市 ペトラは紀元前1世紀ごろに栄えた謎の巨大都市であり、ユネス …

世界の行ってはいけない危ない場所

世界には様々な理由で『行ってはいけない場所』というのが存在する。 我々は地球上に …

no image
ティワナク遺跡・プマ=プンク

プマ・プンクとは南米ボリビア、ティワナク遺跡に存在するプレ・インカ期の建造物であ …