あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

レインメーカー

      2015/05/03

今から100年以上も前に人工的に雨を降らせる技術を持つ男が存在した。

名をチャールズハットフィールド(1876年ー1958年)、アメリカの気象学者である。

彼の実家は元々ミシンの販売業を営んでいたが、のちに農業に転身することになる。

しかし天候にされやすい農業は数年のうちに廃業してしまう。

数年後、彼は父と同じように天候に悩まされる農家の人々と関わり、これを機に天候を思い通りに左右させることはできないかと考えるようになる。

チャールズは天候を人工的に変化させる方法を模索し始めたとき、『大砲を打った後は雨が降る』という経験則に着目する。

スポンサーリンク

この経験則は理論的に実証されていたわけではないが、土ぼこりが天候に何らかの影響を及ぼしている物だと思われていた。

彼は4年もの歳月をかけて人工降雨機を作り出し、この機械を用いて『雨を降らせて欲しいと願うものから依頼を受け、雨を実際に降らせることができたら報酬を貰い、降らせることが出来なければ報酬を受け取らない』いわゆるレインメーカーと呼ばれる商売を始めることになる。

彼の人工降雨機の降雨率は実に高く、その噂はたちまち全米に広まった。

順調かと思われたこのレインメーカーという商売であったが、1916年に彼の運命を変える出来事が起きる。

この年のアメリカ、サンディエゴはダムの水が空になってしまうほどの大干ばつに見舞われた。

当然農業にも大きな影響がおよび、彼のもとへ人工降雨の依頼が舞い込んだ。

彼はいつも通り人工降雨の作業に取り掛かり、いつも通り雨を降らせることに成功したが、この雨は1か月以上もやむことがなかった。

当然この降雨によってサンディエゴは大災害を被り、ダム決壊、大洪水などの災害を引き起こした。

この件でチャールズは災害を引き起こした張本人として裁判にかけられてしまう。

しかし裁判結果は『科学的な降雨ではなく、偶発的に起きたものである』として無罪となる。

この裁判結果は言わばチャールズの人工降雨技術は科学的に認められないと言われているのと同じであり、彼はこの結果に落胆し以降人工降雨の技術を封印してしまう。

彼は死ぬまでこの技術を公に公表することはなかったため、現在ではこの降雨技術が科学的に重要な意味を持つものであるかどうかの判断は不可能である。

しかし、記録に残る26年にも渡る彼の人工降雨の中で失敗したのはわずかに2回だけであり、その技術の高さがうかがえるであろう。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

no image
巌流島の決闘と小次郎の祟り

小次郎の謎と巌流島の祟り 佐々木小次郎と言えば細川藩の剣術指南役であり巧みな刀の …

no image
心霊手術

インドやフィリピンなど一部の地域で古来から行われてきたとする心霊手術というものが …

no image
華城連続殺人事件

※注意 このページには残虐な表現が含まれています。 華城(ファンソン)連続殺人事 …

no image
輪廻は実在するのか。生まれ変わった双子。

双子が遭遇した不慮の事故 1957年某日、イギリス在住の11際になる双子ジョアン …

no image
三人の子供に起きた不思議な出来事、ファティマの聖母

ポルトガルにあるファティマという小さな町で1916年、不思議な出来事が起こった。 …

千里眼事件 御船千鶴子

御船千鶴子とは明治生まれの女性で、数々の予言を的中させたとされる人物である。 超 …

現代にのこる物理的謎ー鎌鼬(かまいたち)とは

日本には古くから言い伝えられる伝承などのようなものに妖怪がある。 この鎌鼬(かま …

異世界への扉 100年以上解読されないヴォイニッチ手稿の謎

1912年、ポーランド系アメリカン人で革命家のウィルフリッド・ヴォイニッチはイタ …

昭和を震撼させた一家殺害事件

1946年(昭和21年)3月、昭和を震撼させる一つの事件が起こった。 片岡仁左衛 …