あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

      2015/07/09

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交響曲の父との異名を取る音楽史に名を残す大音楽家である。

1732年に神聖ローマ帝国に生まれ、1809年に持病の悪化によりオーストリア帝国で没するまで数多くの交響曲、弦楽四重奏曲などの名作を世に残した。

ハイドンはその人生の大半を中世から続くハンガリーの貴族であるエステルハージ家に仕え、作曲活動を行っていた。

そんな大音楽家にまつわる奇妙な話はハイドンの死後、アイゼンシュタットに葬られた彼の遺体から頭部だけが切り離された事に端を発する。

そのハイドンの頭部はオーストリアの監獄所長であったヨハン・ペーターとエステルハージ家の書記であったローゼンバウムという男によって切り離された。

ヨハン・ペーターは骨相学という学問の研究をしており、当時信じられていた人格と脳容量の相関関係についても非常に興味を持っており、その研究の為、ハイドンの頭部を切り離し自宅に持ち帰ったのだ。

音楽史上稀に見る天才であるハイドンの頭蓋骨を調べることは彼にとってとても興味深いものであったはずである。

自宅には多くの頭蓋骨が収集されていたようだ。

ペーターはハイドンの頭蓋骨を詳細に調べ上げ、用済みになったその頭蓋骨は次にローゼンバウムの手に渡った。(ちなみに、その研究の結果、脳容量と人格との相関関係は否定された。)

ローゼンバウムはハイドンの頭蓋骨を持ち帰ると家に肖像画と共に飾り、友人たちによく自慢していたという。

人から人へと渡る運命をたどったこの頭蓋骨であるが、ローゼンバウムの手に渡ったこの頃から不思議な現象が度々目撃されるようになる。

ハイドンの頭蓋骨が引き起こす怪奇現象の数々

スポンサーリンク


ある夜、ローゼンバウムの妻はローゼンバウム宅に飾られたハイドンの頭蓋骨から奇妙な唸り声をハッキリと聴いた。

はじめは半信半疑であったローゼンバウムだったが、その数日後、自らも同じような体験をする。

夜な夜な不気味な唸り声を上げるハイドンの頭蓋骨は時として宙を舞ったり、頭蓋骨の顎がガクガクと音を立てて動いたと後にローゼンバウムは語っている。

この怪奇現象に耐え切れなくなったローゼンバウムは頭蓋骨を手放し、頭蓋骨は別の人の手に渡った。

それからハイドンの頭蓋骨は幾人もの手に渡ったのだが、頭蓋骨を手にした人は例外なく皆、ローゼンバウムが体験したような怪奇現象を目撃している。

時は過ぎ第二次世界大戦の後、怪奇現象を引き起こすハイドンの頭蓋骨を胴体と共に埋葬しようという試みがなされ、およそ150年という歳月をまたぎ、ようやくハイドンの頭蓋骨は胴体と共に埋葬されることとなったのである。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
数百年燃え続ける火災の謎

アメリカペンシルバニア州の町セントラリアで1962年、大規模な坑内火災が発生した …

no image
恐怖の病・ウェンディゴ症候群

アメリカ北部などのネイティブアメリカン、インディアンの間で古くから言い伝えられる …

no image
世界各地から発見されるオーパーツの謎

オーパーツとはその時代には存在しえない、時代にそぐわない物を言い英語の『out …

レインメーカー

今から100年以上も前に人工的に雨を降らせる技術を持つ男が存在した。 名をチャー …

ツタンカーメンを初めとする死者の呪いは現実に起こり得るのか

ツタンカーメン王の呪い 死者の呪いと聞いてまず頭に思い浮かぶのは、古代エジプト1 …

no image
天狗が書いた?謎の巻物

「天狗の詫び状」と言われる判読不能の巻物がある。 万治元年(1658年)の頃、天 …

【マレーシア航空機失踪】日本近海にあるドラゴントライアングルの真相

マレーシア航空370便が行方不明になってから、早3年半が経過した。その行方を巡っ …

no image
カブレラストーン 考古学の常識を塗り替える?

イカ川で発見されたなぞ大きオーパーツ。 世界的にも議論を巻き起こし、考古学の常識 …

ジョージア・ガイドストーンの謎 現代の十戒

現代の十戒とも呼ばれる巨石がアメリカのジョージア州にある。 (十戒とは予言者モー …

生物学的に説明のつかない男性妊娠の真実

生物学的に男性が妊娠することなど可能なのか? 普通に考えればありえない事で、生物 …