あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

      2015/07/09

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交響曲の父との異名を取る音楽史に名を残す大音楽家である。

1732年に神聖ローマ帝国に生まれ、1809年に持病の悪化によりオーストリア帝国で没するまで数多くの交響曲、弦楽四重奏曲などの名作を世に残した。

ハイドンはその人生の大半を中世から続くハンガリーの貴族であるエステルハージ家に仕え、作曲活動を行っていた。

そんな大音楽家にまつわる奇妙な話はハイドンの死後、アイゼンシュタットに葬られた彼の遺体から頭部だけが切り離された事に端を発する。

そのハイドンの頭部はオーストリアの監獄所長であったヨハン・ペーターとエステルハージ家の書記であったローゼンバウムという男によって切り離された。

ヨハン・ペーターは骨相学という学問の研究をしており、当時信じられていた人格と脳容量の相関関係についても非常に興味を持っており、その研究の為、ハイドンの頭部を切り離し自宅に持ち帰ったのだ。

音楽史上稀に見る天才であるハイドンの頭蓋骨を調べることは彼にとってとても興味深いものであったはずである。

自宅には多くの頭蓋骨が収集されていたようだ。

ペーターはハイドンの頭蓋骨を詳細に調べ上げ、用済みになったその頭蓋骨は次にローゼンバウムの手に渡った。(ちなみに、その研究の結果、脳容量と人格との相関関係は否定された。)

ローゼンバウムはハイドンの頭蓋骨を持ち帰ると家に肖像画と共に飾り、友人たちによく自慢していたという。

人から人へと渡る運命をたどったこの頭蓋骨であるが、ローゼンバウムの手に渡ったこの頃から不思議な現象が度々目撃されるようになる。

ハイドンの頭蓋骨が引き起こす怪奇現象の数々

スポンサーリンク


ある夜、ローゼンバウムの妻はローゼンバウム宅に飾られたハイドンの頭蓋骨から奇妙な唸り声をハッキリと聴いた。

はじめは半信半疑であったローゼンバウムだったが、その数日後、自らも同じような体験をする。

夜な夜な不気味な唸り声を上げるハイドンの頭蓋骨は時として宙を舞ったり、頭蓋骨の顎がガクガクと音を立てて動いたと後にローゼンバウムは語っている。

この怪奇現象に耐え切れなくなったローゼンバウムは頭蓋骨を手放し、頭蓋骨は別の人の手に渡った。

それからハイドンの頭蓋骨は幾人もの手に渡ったのだが、頭蓋骨を手にした人は例外なく皆、ローゼンバウムが体験したような怪奇現象を目撃している。

時は過ぎ第二次世界大戦の後、怪奇現象を引き起こすハイドンの頭蓋骨を胴体と共に埋葬しようという試みがなされ、およそ150年という歳月をまたぎ、ようやくハイドンの頭蓋骨は胴体と共に埋葬されることとなったのである。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

自然治癒力?プラシーボ効果とは

日本語で偽薬効果と訳されるプラシーボ効果。 本来効き目のないはずの薬を体に投与し …

no image
華城連続殺人事件

※注意 このページには残虐な表現が含まれています。 華城(ファンソン)連続殺人事 …

no image
恐怖の病・ウェンディゴ症候群

アメリカ北部などのネイティブアメリカン、インディアンの間で古くから言い伝えられる …

日本犯罪史上最多の被害者を出した津山事件の真相

岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾は自然の多いのどかな集 …

no image
多くの議論を呼ぶナポレオンの死の謎

誰もが知っているナポレオン・ボナパルトであるが、その死には謎が多い。 ナポレオン …

現代物理学でも解明できない謎の階段

アメリカ、ニューメキシコのサンタフェにロレットチャペルという教会がある。 187 …

童話・浦島太郎の恐ろしい話

日本昔話や童話として日本では知らない人はいないくらい有名な浦島太郎。 昔話は伝説 …

no image
何気ない行動が引き起こした恐ろしい事態

何でもないような日常の遊びの中で、おこった非常に恐ろしい事件があった・・・ 世界 …

ギロチンによる斬首後の意識

ギロチンとは斬頭を目的とした処刑道具で世界的に有名である。 このギロチンは数十キ …

no image
公式記録に残る超能力者・長南年恵

裁判で公式認定された超能力者・長南年恵 長南年恵は1863年(文久3年) に現在 …