あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

目に見えない怪物

      2015/05/03

1951年、フィリピンのマニラで奇怪な事件が発生した。

一人の警察官が巡回中、女性が叫びながら必死の形相で助けを求めてきた。

彼女は名をクラリータといった。当時18歳である。

クラリータの証言によると、体中を何者かに噛みつかれ、それにおびえているらしい。

しかし、警察官がそれがどんな人であったかを尋ねても服装どころか性別さえもはっきりしなかった。

噛みつかれたのなら当然姿を見ているはずだが、彼女は見えないという。

到底信じられない話だが、彼女の体には実際にいくつもの歯形と傷があった。

スポンサーリンク

警察官はクラリータを薬物中毒者だと判断し、警察署へと連行した。

取り調べの際中、クラリータは再び黒い何者かがくる!噛みつかれる!助けて!と叫びだし、暴れ始めた。

当然警察官にはそのようなものは見えない。

叫びの後、彼女は床に倒れこみ、その瞬間次々と腕などにいくつもの噛んだような傷が浮かび上がってきた。

これを見た警察官は信じざるを得ず、すぐに検察医が呼ばれた。

検察医の調べで、彼女の体には10か所以上の噛み傷が存在し、その傷はひどいもので血がにじみ出るほどだった。

これはただの精神病ではないと判断した検察医は監視の下、彼女を隔離することにした。

警察署の独房に隔離された彼女は翌朝、再び噛みつかれる!と叫びだした。

彼女のその様子は芝居や演技などではなく、実際に今にも目に見えない怪物にかみ殺されるかのように必死に逃げ惑っていた。

警察官は彼女を取り押さえ、両手をつかんだその時、彼女の腕にいくつもの歯形が浮かび上がった。

これを見た警察官は怯えながらも必死に彼女を取り押さえた。

彼女の傷は腕だけにとどまらず首にも現われ、首から鮮血が迸った。

彼女はその痛みと恐怖のあまり気を失って倒れこんだ。

これを最後に彼女が目に見えない何者かに噛みつかれることはなくなったがこれはいったいなんだったのだろうか。

クラリータの体を調べた検察医はいずれも一流の医師であり、その傷を調べたところ本当に噛みつかれたような跡であったという。

これはフィリピン・マニラ警察署の事件報告書にも特殊事件No.108号として公式に記載されている。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …

no image
心霊手術

インドやフィリピンなど一部の地域で古来から行われてきたとする心霊手術というものが …

no image
カブレラストーン 考古学の常識を塗り替える?

イカ川で発見されたなぞ大きオーパーツ。 世界的にも議論を巻き起こし、考古学の常識 …

no image
数百年燃え続ける火災の謎

アメリカペンシルバニア州の町セントラリアで1962年、大規模な坑内火災が発生した …

no image
未来から来た男・ジョンタイター Ⅰ

2000年11月2日、アメリカでウェブ上の掲示板に一人の男が未来から来たと自称す …

no image
孤島にある灯台の謎

バハマ諸島の近くにあるグレート・イサク・キーという島をご存じだろうか。 この島に …

no image
人体自然発火現象

人体自然発火現象は古来から多く起きていたようだ。 読んで字のごとく火気のない状態 …

no image
上杉謙信女性説

かねてから噂のある上杉謙信女性説というのはご存じだろうか。 上杉謙信と言えば戦国 …

no image
恐怖の病・ウェンディゴ症候群

アメリカ北部などのネイティブアメリカン、インディアンの間で古くから言い伝えられる …

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …