あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

目に見えない怪物

      2015/05/03

1951年、フィリピンのマニラで奇怪な事件が発生した。

一人の警察官が巡回中、女性が叫びながら必死の形相で助けを求めてきた。

彼女は名をクラリータといった。当時18歳である。

クラリータの証言によると、体中を何者かに噛みつかれ、それにおびえているらしい。

しかし、警察官がそれがどんな人であったかを尋ねても服装どころか性別さえもはっきりしなかった。

噛みつかれたのなら当然姿を見ているはずだが、彼女は見えないという。

到底信じられない話だが、彼女の体には実際にいくつもの歯形と傷があった。

スポンサーリンク

警察官はクラリータを薬物中毒者だと判断し、警察署へと連行した。

取り調べの際中、クラリータは再び黒い何者かがくる!噛みつかれる!助けて!と叫びだし、暴れ始めた。

当然警察官にはそのようなものは見えない。

叫びの後、彼女は床に倒れこみ、その瞬間次々と腕などにいくつもの噛んだような傷が浮かび上がってきた。

これを見た警察官は信じざるを得ず、すぐに検察医が呼ばれた。

検察医の調べで、彼女の体には10か所以上の噛み傷が存在し、その傷はひどいもので血がにじみ出るほどだった。

これはただの精神病ではないと判断した検察医は監視の下、彼女を隔離することにした。

警察署の独房に隔離された彼女は翌朝、再び噛みつかれる!と叫びだした。

彼女のその様子は芝居や演技などではなく、実際に今にも目に見えない怪物にかみ殺されるかのように必死に逃げ惑っていた。

警察官は彼女を取り押さえ、両手をつかんだその時、彼女の腕にいくつもの歯形が浮かび上がった。

これを見た警察官は怯えながらも必死に彼女を取り押さえた。

彼女の傷は腕だけにとどまらず首にも現われ、首から鮮血が迸った。

彼女はその痛みと恐怖のあまり気を失って倒れこんだ。

これを最後に彼女が目に見えない何者かに噛みつかれることはなくなったがこれはいったいなんだったのだろうか。

クラリータの体を調べた検察医はいずれも一流の医師であり、その傷を調べたところ本当に噛みつかれたような跡であったという。

これはフィリピン・マニラ警察署の事件報告書にも特殊事件No.108号として公式に記載されている。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

サンジェルマン伯爵

18世紀のヨーロッパに不老不死など数多くの伝説を持ったサンジェルマン伯爵という1 …

no image
言葉を知らない少年

1828年5月26日、ドイツのニュルンベルクで一人の16歳ほどと思われる少年が発 …

異世界への扉 100年以上解読されないヴォイニッチ手稿の謎

1912年、ポーランド系アメリカン人で革命家のウィルフリッド・ヴォイニッチはイタ …

ドイツで起きた謎の子供大量失踪事件

1284年、ドイツのハーメルンで子供が集団疾走するという奇怪な事件が起きた。 そ …

【画像あり】アメリカ史に残る猟奇事件ブラック・ダリア事件!犯人は?

1947年1月15日、1人の女性の変死体が発見された。 第一発見者である女性はこ …

ギロチンによる斬首後の意識

ギロチンとは斬頭を目的とした処刑道具で世界的に有名である。 このギロチンは数十キ …

no image
孤島にある灯台の謎

バハマ諸島の近くにあるグレート・イサク・キーという島をご存じだろうか。 この島に …

no image
恐怖の病・ウェンディゴ症候群

アメリカ北部などのネイティブアメリカン、インディアンの間で古くから言い伝えられる …

no image
輪廻は実在するのか。生まれ変わった双子。

双子が遭遇した不慮の事故 1957年某日、イギリス在住の11際になる双子ジョアン …

no image
オーストラリア史上最大の謎

1948年、オーストラリアの海岸で1人の男性の死体が発見された。 夏のオーストラ …