あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

何気ない行動が引き起こした恐ろしい事態

      2016/09/24

何でもないような日常の遊びの中で、おこった非常に恐ろしい事件があった・・・

世界は広い。

常識では考えられない事態や現象はあなたのすぐそばにあるのかもしれない。

今回は子供がとる何気ない行動が一大事を招いた事件を紹介したい。

スポンサーリンク

何気ない行動

12歳になるハリーマーチンはある日、友人と二人でハイキングに出掛けた。

アメリカジョージア州に住む彼は自然の中でよく遊ぶ何処にでもいる元気のいい男の子だった。

ハリーとその友人は共に水筒をもって来ていたが、暑い日だったためスグにノドはからからになり、水筒の水も底をついてしまった。

彼らは喉を乾かしながら山道を歩いていると偶然小川を発見した。

その頃彼らは共に喉がカラカラで綺麗な小川の水を飲まない理由は見当たらない。

当然二人は小川に入り今までの喉の渇きを潤す様に手ですくいながらゴクゴクと水を飲んだ。

しかし飲みはじめて間もなく、ハリーはなにか自分の喉をごろっとした異物が通ったような感覚を覚えた。

なんだ…?と思ったハリーであったがそんな大騒ぎする様な事でもないので、その時は『小石でも飲み込んだんだろう』くらいの感覚だったという。

信じられない事態

スポンサーリンク


時は過ぎ数日後、ハリーはいつもとなんら変わらない生活を送っていた。

ただいつもと違うのは食べ物を食べても食べてもお腹いっぱいにならないという事だった。

初めは気にしていなかったその食欲も時が経つにつれてドンドン増して行き、手当り次第目に付くモノはなんでも食べる様になった。

そして何よりも不可解だったのはその食べる量からは考えられないほど痩せており、むしろ食欲が増す以前よりも体重は落ちていた。

丁度成長期だったため母親も心配はしていなかったが、ある日ハリーが『ねぇお母さん。カエルって食べれるの?』と質問したときその異常さを初めて悟った母親はハリーを病院へ連れて行った。

レントゲン検査の結果、彼のお腹の中には恐るべき影が映し出された。

担当医によればそれは何かの生き物だという。

今すぐ手術を勧める医師の意見に従い、ハリーは即日手術を受けた。

手術は無事終了し、医師が放った言葉に母親は驚愕した。

ハリーのお腹の中には成長しきったヘビの死骸が出てきたという。

彼は小川で卵を飲み込み、それが胃の中で孵化してハリーが食べたモノをヘビが食べていたということだった。

そのヘビには目はなく、体もツルツルで肌色の体をしていた。

人体の中でいきものが成長するというのはマンガの世界の話しだけではなかったようだ。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

no image
多くの議論を呼ぶナポレオンの死の謎

誰もが知っているナポレオン・ボナパルトであるが、その死には謎が多い。 ナポレオン …

no image
世界中で起きるポルターガイスト現象の謎

ポルターガイスト現象といえば、手も触れていないのにもかかわらず、身の回りのものが …

風船で旅に出た日本人

人間は古来から鳥のように飛べることを願っていたとされるが、その夢をかなえるべく風 …

no image
古代核戦争説

一般的に人類の文明はメソポタミア、インダス、黄河、エジプト文明の四大文明に起源を …

ツタンカーメンを初めとする死者の呪いは現実に起こり得るのか

ツタンカーメン王の呪い 死者の呪いと聞いてまず頭に思い浮かぶのは、古代エジプト1 …

no image
華城連続殺人事件

※注意 このページには残虐な表現が含まれています。 華城(ファンソン)連続殺人事 …

未確認飛行物体は実在する?マンテル大尉事件

1948年1月8日。アメリカ空軍所属の戦闘機ノースアメリカンP-51が墜落すると …

no image
行方不明になった自衛隊機

1973年6月の夜、栃木県の陸上自衛隊駐屯基地から一機の自衛隊機が飛び立った。 …

no image
数百年燃え続ける火災の謎

アメリカペンシルバニア州の町セントラリアで1962年、大規模な坑内火災が発生した …