あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

ティワナク遺跡・プマ=プンク

      2015/05/03

プマ・プンクとは南米ボリビア、ティワナク遺跡に存在するプレ・インカ期の建造物である。

このプマプンク自体遺跡の名前のようだがここに一枚岩で出来た建造物の一部が現存している。

プマプンクが話題として取り上げられる理由はこの石造遺跡にある。

現在残っている物は破壊が凄まじく一部だけだが、それでも数トンもある巨石である。

不思議なのはこの巨石をいとも巧みに削り出して彫刻を施していることで、その技術は現在でも簡単な物ではなく紀元前1世紀ごろといわれるプレ・インカ期にすでにここまでの技術が存在していたのかということである。

スポンサーリンク

そもそもここまでの巨石を平らに削るだけでも当時としては考えられない技術なのだが、このプマプンクには見事に垂直に切り出された石造がいくつもあるのだ。

そして鉄を使っていないという点が最大の謎である。

鉄を使わずにこれほどまで精巧な石造加工をする技術とはいったいどんなものであったのだろうか。

この加工技術については長年研究がなされているが現在も謎に包まれている。

一説には鉄ではない他の鉱石系の物を使い、ハンマーなどの要領で表面を打ち砕いて加工したのではないかとも言われており実際にプマプンクと同年代の遺跡でも同じような加工技術があったことは分かっているが、この方法で数トンもの巨石を削り出すのは相当な年月がかかるであろうし至難の業である。

また一部の科学者が唱えている現代の科学技術よりも遥かに進歩していた文明が紀元前に存在したとか、古代文明は宇宙人と既に交流を持っていたとか、既に宇宙へ行く技術を持っていたといういわゆる『古代宇宙飛行士説』などといわれる説を信じる者による説では、地球上では考えられないほどの発達した技術を持つ宇宙人によってこのような遺跡が作られたという話もある。

この説はかなり有名であると同時に、正直信憑性はかなり低いのではないかと思われる。

しかし謎が解明されているわけではないので100%ありえないということも言い切れないだろう。

宇宙人が作ったというのは無いにしても、石造加工技術という点では現代よりもすばらしい知識をもっていたものが存在していた可能性は否定できないであろう。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
ツングースカ大爆発

強烈な空振(air burst) が発生し、半径約30キロメートルにわたって森林 …

現代物理学でも解明できない謎の階段

アメリカ、ニューメキシコのサンタフェにロレットチャペルという教会がある。 187 …

ドイツで起きた謎の子供大量失踪事件

1284年、ドイツのハーメルンで子供が集団疾走するという奇怪な事件が起きた。 そ …

オーランメダン号の怪異

1948年、航行中のシルバースター号はインドネシア・マラッカ海峡で一つの無線信号 …

no image
幻の砂漠都市ペトラ

忘れ去られた巨大都市 ペトラは紀元前1世紀ごろに栄えた謎の巨大都市であり、ユネス …

【マレーシア航空機失踪】日本近海にあるドラゴントライアングルの真相

マレーシア航空370便が行方不明になってから、早3年半が経過した。その行方を巡っ …

no image
孤島にある灯台の謎

バハマ諸島の近くにあるグレート・イサク・キーという島をご存じだろうか。 この島に …

陰陽師・安倍清明の呪術や呪文伝説は実話なのか

陰陽師・安倍清明… 彼はその出生や死没などを始め両親や血筋に至るまで数多くの謎が …

長年の謎に終止符が打たれた、デスバレーの動く石

アメリカ・カリフォルニア州にあるシエラネバダ山脈の東部に位置しているデスバレー( …

自然治癒力?プラシーボ効果とは

日本語で偽薬効果と訳されるプラシーボ効果。 本来効き目のないはずの薬を体に投与し …