あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

数百年燃え続ける火災の謎

      2015/07/09

アメリカペンシルバニア州の町セントラリアで1962年、大規模な坑内火災が発生した。

この火災により地表面の温度は高温に達し、地下からは有毒ガスが噴き出すようになり人が住めるような状態ではなくなった。

しかし坑内火災の消火は技術的に難しく、また莫大な費用がかかる為アメリカ連邦政府はこの火災の消火を断念、当時住んで居た住民を立ち退かせた。

坑内全体に広がった火災は鎮火の兆しを全く見せず、60年以上が経った現在でも燃え続けている。

この火災の原因は明確に特定されていないものの、ゴミ集積所のゴミを焼却しようとした際にその火が炭鉱に燃え移ったのではないかと一般的にはされている。

スポンサーリンク

セントラリアは元々炭鉱で栄えた町で良質な無煙炭が採れる地方として有名であったが、この火災により現在では人が住み着かないゴーストタウンと化している。

廃墟となった建物は取り壊されほとんどの部分は自然に還っており、2002年にはこの地方の郵便番号が抹消された。

鎮火のメドはたっていないものの火災の鎮火には相当な年数がかかるとされており、この先数百年は燃え続けると言われている。

炭鉱が燃えて大規模な火災に発展した例は他にもあり中国のリュウファンゴウ炭鉱では2004年に鎮火するまでおよそ130年間燃え続けた。

セントラリア同様現在も燃え続けているものではトルクメニスタンのダルヴァザという村に天然ガスが吹き出し続けることによって長年鎮火されていない通称地獄の門と呼ばれる穴がある。

これもセントラリア同様天然ガスがどの程度埋蔵されているのかがわかっていない以上この先いつ鎮火するかはわかっていないようだ。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
現実になった架空小説

エドガーアランポーの冒険小説『ナンタケット島出身のアーサーゴードンピムの物語』と …

no image
死ぬまで仮面をつけ続けた囚人の謎

その男は1669年から1703年、実に34年間、牢獄の中で捕われて死亡した。 不 …

no image
天狗が書いた?謎の巻物

「天狗の詫び状」と言われる判読不能の巻物がある。 万治元年(1658年)の頃、天 …

風船で旅に出た日本人

人間は古来から鳥のように飛べることを願っていたとされるが、その夢をかなえるべく風 …

no image
幻の砂漠都市ペトラ

忘れ去られた巨大都市 ペトラは紀元前1世紀ごろに栄えた謎の巨大都市であり、ユネス …

no image
多くの議論を呼ぶナポレオンの死の謎

誰もが知っているナポレオン・ボナパルトであるが、その死には謎が多い。 ナポレオン …

no image
敬虔なキリスト教徒に現れる謎の傷 聖痕現象

聖痕現象とは何らかの理由で人体に突然現れる傷の事で、一般的にキリストが十字架に磔 …

no image
頭部を失ってもなお生きたニワトリ

アメリカコロラド州で農家を営むロイド・オルセン家での話である。 1945年9月1 …

no image
縄文人は優れた航海技術を持った海洋民族だった?

バヌアツ共和国で出土した縄文土器 縄文時代は今から約1万6000年前から約300 …

ドラキュラのモデルの一人と言われる串刺し公ーヴラド公爵

15世紀のルーマニアに残虐かつ見境ない処刑によって串刺し公の異名を取る男がいた。 …