あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

恐怖の病・ウェンディゴ症候群

      2015/07/09

アメリカ北部などのネイティブアメリカン、インディアンの間で古くから言い伝えられるウェンディゴという精霊がいる。

精霊と言うと聞こえは良いが古くから恐れられた魔物のような性格が強い。

ウェンディゴは氷の精霊とされ、普段は森に住んでいるものと考えられた。

ウェンディゴは人肉を好み人肉を求めて人近づくという。

スポンサーリンク

旅人などの背後に近づき気配だけを悟らせるとされるが実際に人に危害を加える事はないとされ、森の中などで背後に気配を感じたとき人々はウェンディゴの仕業だと信じた。

このウェンディゴは未確認生物や実在するようなニュアンスで語られる事も多いがそのような物ではなく日本で言う所の妖怪のような物なのかもしれない。

ウェンディゴの特徴として動きが素早く目に見えない程の早さで動くといわれる。

その為、背後に気配を感じて後ろを振り返ってもその姿を見る事は出来ない。

こう言う所からも民族間で創り上げられた創造物であることが分かるだろう。

このウェンディゴに取り憑かれて発症するウェンディゴ症候群と言うのがウェンディゴを世界的に有名にさせた。

ウェンディゴ症候群にかかった者は自らがウェンディゴになってしまうという恐怖を覚え、無性に人肉を食したくなり周りの人々を襲う。

多くの場合ウェンディゴになる前に自らが命を断つか、民族の中で処刑されるという。

現実に存在するこの恐怖の病は古くから医学的には民族的精神疾患の一つとされてきたが、現在ではビタミン不足が招く病だとされる見解もある。

その証拠にビタミンが豊富な熊の脂肪を食べると症状が治まるといった驚くべき報告もあるようだ。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
目に見えない怪物

1951年、フィリピンのマニラで奇怪な事件が発生した。 一人の警察官が巡回中、女 …

風船で旅に出た日本人

人間は古来から鳥のように飛べることを願っていたとされるが、その夢をかなえるべく風 …

現代にのこる物理的謎ー鎌鼬(かまいたち)とは

日本には古くから言い伝えられる伝承などのようなものに妖怪がある。 この鎌鼬(かま …

no image
パラレルワールド

今から50年以上昔、フランスである奇妙な事件が起こった。 赤ん坊の子守りをしてい …

no image
言葉を知らない少年

1828年5月26日、ドイツのニュルンベルクで一人の16歳ほどと思われる少年が発 …

異世界への扉 100年以上解読されないヴォイニッチ手稿の謎

1912年、ポーランド系アメリカン人で革命家のウィルフリッド・ヴォイニッチはイタ …

no image
多くの議論を呼ぶナポレオンの死の謎

誰もが知っているナポレオン・ボナパルトであるが、その死には謎が多い。 ナポレオン …

no image
世界中で起きるポルターガイスト現象の謎

ポルターガイスト現象といえば、手も触れていないのにもかかわらず、身の回りのものが …

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

no image
大音楽家の頭蓋骨に纏わる奇妙な実話

大音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン フランツ・ヨーゼフ・ハイドンと言えば、交 …