あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

敬虔なキリスト教徒に現れる謎の傷 聖痕現象

      2015/07/09

聖痕現象とは何らかの理由で人体に突然現れる傷の事で、一般的にキリストが十字架に磔にされた際に打たれたとされる釘による手のひらの傷と聖槍(ロンギヌスの槍)で刺された脇腹の傷を言う。

この聖痕は敬虔なキリスト教徒に現れるとされ、そのためカトリック教会では聖痕は奇跡として崇高に扱われているようだ。

実際に過去にも数多くの聖痕現象の報告があり、そのどれもが敬虔なキリスト教信者であった。

この聖痕現象は神の仕業なのか。

スポンサーリンク

医学的に解明されないこの不思議な現象は現在では人の心、心理状態が生み出す自己暗示によるものなのではないか。というのが一般的な考え方である。

初めて聞くといくら強くキリストを信じていたとしても自己暗示によって体の表面に自然と外傷が現れると言うのは信じられないであろう。

しかし、プラシーボ効果、ホメオパシー効果などと言ったように人の脳には医学的には勿論、常識では考えられないような力が秘められている事が証明されている。

聖痕現象はこのプラシーボ効果のような強い自己暗示によって引き起こされるという結論が導かれた理由の一つにこの聖痕と呼ばれる傷が現れる位置が挙げられる。

絵画や彫刻などでもよく知られるキリストが十字架に磔にされている姿であるが、一般的によく知られたこの姿のキリストは手のひらに杭を打たれていると認識されているし、絵画などでもそう描かれている。

しかし、解剖学的見地から見ると両手に打たれた杭だけでは人間の体重を支えきる事は不可能であろうと言うのが一般的なのだ。

このことから、キリストが杭を打たれたのは手のひらではなく手首だとされている。

この傷が神の仕業だとするならばキリストが実際に打たれたであろう手首ではなく手のひらに聖痕が現われるのはおかしいであろう。

つまり、聖痕は信者が強い信仰心を持つことで自己暗示にかかり、それが実際に体にあらわれてきたものだと考えられるのだ。

とは言え、その自己暗示による人体への働きかけるメカニズムはいまだ解明されていない。

この人体の神秘的な臓器ともいえる脳がすべてのカギを握っているのかもしれない。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

ボーイ・イン・ザ・ボックス

1957年、アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィアの大手デパートチェーン店で …

生物学的に説明のつかない男性妊娠の真実

生物学的に男性が妊娠することなど可能なのか? 普通に考えればありえない事で、生物 …

レインメーカー

今から100年以上も前に人工的に雨を降らせる技術を持つ男が存在した。 名をチャー …

no image
人体自然発火現象

人体自然発火現象は古来から多く起きていたようだ。 読んで字のごとく火気のない状態 …

狭山事件とトトロの関連性とは

トトロと言えばジブリ映画の代表的作品。 そんなトトロには昔から都市伝説的な話が後 …

no image
多くの議論を呼ぶナポレオンの死の謎

誰もが知っているナポレオン・ボナパルトであるが、その死には謎が多い。 ナポレオン …

未確認飛行物体は実在する?マンテル大尉事件

1948年1月8日。アメリカ空軍所属の戦闘機ノースアメリカンP-51が墜落すると …

no image
華城連続殺人事件

※注意 このページには残虐な表現が含まれています。 華城(ファンソン)連続殺人事 …

異世界への扉 100年以上解読されないヴォイニッチ手稿の謎

1912年、ポーランド系アメリカン人で革命家のウィルフリッド・ヴォイニッチはイタ …

no image
公式記録に残る超能力者・長南年恵

裁判で公式認定された超能力者・長南年恵 長南年恵は1863年(文久3年) に現在 …