あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

天狗が書いた?謎の巻物

      2015/05/03

「天狗の詫び状」と言われる判読不能の巻物がある。

万治元年(1658年)の頃、天城山中の柏峠に天狗が出没し、往来の旅人を悩ませていた。

豪力無双できこえた時の佛現寺住職日安上人は天狗を懲らしめるため単身柏峠に赴き、天狗の鼻を両手でつかんで捻りあげれば、天狗はたまらず一巻の巻物を置いて以後その姿を現すことはなかったという。

そこで、天狗の書いて残した詫び状であろうということになり、佛現寺の什宝として今日まで伝えられることとなった。

178行、2900余字の難解不読の詫び状は現在まで一字たりとも解読されておらず、神代文字説や霊界文字説、はたまた密教教典説まで飛び出し興味は尽きない。

「天狗の髭」 佛現寺ゆかりの人物が所蔵していたが、天狗の祟りを恐れて「天狗の詫び状」のある佛現寺に寄進されたもの。

この髭には「オン・アビラ・ウンケン・ソワカ」との呪文が記された書き付けが伴せて伝えられている。 この呪文は「髭占い」の呪文で、天狗の髭を前にこれを3回唱え、髭の根本が動けば凶、先が動けば吉であるという。

なお一般公開はされていない。

(wikipedia引用)

スポンサーリンク

寺の住職が天狗討伐の祈祷をした際に空から降ってきたそうだ。

また、どっかの国の言葉なら、例えば日本語ならある程度の長さの文章を書けば当然ひらがなや漢字の重複が起こるはずであるが不思議なことにこの巻物には文字の重複がひとつたりとも無いらしい。

現在も保管され、実在しているこの巻物の謎が解明される日は来るのであろうか。

これは色々な憶測を生んでいるが、そもそもこれは誰かが書いたいたずらなのではないかという説もある。

しかし、実際に写真を見ればお分かりいただけるであろうが(著作権の関係上掲載しておりません。ご覧になりたい方は検索していただければ出てきます。申し訳ありません。)いたずらにしてはかなり精巧な作りであるし、なんというか紙の質とか文字の形とか、雰囲気的にいたずらではないような印象を受ける。

この巻物は佛現寺というお寺の宝にもなっているようなので、ちゃんとした歴史があるのでしょう。

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

オレゴンの渦

アメリカ・オレゴン州にオレゴンの渦(オレゴンヴォーテクス)と呼ばれる場所がある。 …

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …

no image
上杉謙信女性説

かねてから噂のある上杉謙信女性説というのはご存じだろうか。 上杉謙信と言えば戦国 …

no image
かの有名なファラオ=ツタンカーメン王の遺体から見る様々な謎と歴史的背景

黄金のマスクとしてもかの有名なツタンカーメン王であるが、彼には多くの謎が今なお語 …

no image
巌流島の決闘と小次郎の祟り

小次郎の謎と巌流島の祟り 佐々木小次郎と言えば細川藩の剣術指南役であり巧みな刀の …

日本犯罪史上最多の被害者を出した津山事件の真相

岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾は自然の多いのどかな集 …

no image
目に見えない怪物

1951年、フィリピンのマニラで奇怪な事件が発生した。 一人の警察官が巡回中、女 …

風船で旅に出た日本人

人間は古来から鳥のように飛べることを願っていたとされるが、その夢をかなえるべく風 …

no image
ロシアの怪僧ラスプーチン

1900年ごろ、当時帝政末期のロシアに一人の祈祷僧ラスプーチンがいた。 彼は自ら …

no image
ティワナク遺跡・プマ=プンク

プマ・プンクとは南米ボリビア、ティワナク遺跡に存在するプレ・インカ期の建造物であ …