あなたの好奇心を擽る世界ミステリー集

あなたの好奇心を擽るミステリー集

現代にのこる物理的謎ー鎌鼬(かまいたち)とは

      2016/09/24

日本には古くから言い伝えられる伝承などのようなものに妖怪がある。

この鎌鼬(かまいたち)という怪異もまた古くは妖怪の仕業と信じられてきた。

鎌鼬とは何にもない場所で突如、体の一部に切り傷が付くことで、その科学的根拠、原因は現代でも様々な憶測を生んでいる。

スポンサーリンク

謎多き鎌鼬とは

SekienKamaitachi

鎌鼬を辞書で引いてみると、『体を物にぶつけても触れてもいないのに,鎌で切ったような切り傷ができる現象』のような記述がされている。

妖怪という概念は日本独自のものであって、古くは科学的に理解の及ばないものに関しては全て妖怪の仕業だと考えてきた。

ただ、世界各地にみられるようなオカルト的な物ではなく、この妖怪というものは民間伝承と言った方が良いかもしれない。

鎌鼬だと思われる症状は日本各地に言い伝えられており、そのどれをとっても不思議なものばかりで、医学的な根拠も見つからない。

例えば、奈良県の吉野に伝わる言い伝えによれば、ある日道を歩いていて何もない場所で転んだ時ふと足を見てみると数センチにも及ぶ深い切り傷がついていたという。

何もない所で転び、そしてここまで深い切り傷が足に出来ることも不思議ではあるが、もっとも奇妙なのはその数センチにも及ぶ深い切り傷から血が一切出ていない事だった。

近代に入ってからも数多くの報告例があるこの鎌鼬と思われる現象だが、そのどれもに血が出ない事。何もない所での深い切り傷。何もない所での転倒。など、不可解な点が多い。

科学的解釈

スポンサーリンク


鎌鼬の科学的側面からの解釈は近代では『気圧の急激な変化によるもの』と考えられてきた。

急激な気圧の変化によって物体に何かしらのダメージを与えることは物理学的にも十分考えられることなのだが、実際問題、人間の皮膚ほどの強度を持った組織を破壊するほどの気圧の変化は自然界では起こりえないとされている。

それに加え、本当に気圧の変化がもたらす現象だとするならば、その物理的なダメージは皮膚以外の部分(例えば洋服やズボンといったもの)にも現われなければおかしい。

しかし、実際の体験談からは服やその他、身に着けていた物が引き裂かれたという話はひとつもないのだ。

これを意味するところはどういうことなのだろう?

最近の研究では、気圧差ではなく『気温差』がこの鎌鼬を引き起こす原因だという見方が有力のようだ。

ガラスなどを例にとると分かりやすいが、暖かくしたガラスのコップなどを急激に冷やしたり凍らしたりすると、ガラス表面の収縮などの関係から割れてしまい、この逆もまた成り立つ。

この現象が人間の皮膚で起きたとき、鎌鼬という現象が発生するとされている。

この気温差説は有力というだけで確証がある説ではないか、鎌鼬の体験談は古くから雪国に多い。

雪国と鎌鼬を結びつける点はここにあるのだろうか?

スポンサーリンク

 - ミステリー一覧, 世界の不思議な現象・事件

  関連記事

no image
ノアの方舟

ノアの方舟は多くの方が聞いたことがあるだろう。 ノアの方舟の伝説はユダヤ教、キリ …

現代物理学でも解明できない謎の階段

アメリカ、ニューメキシコのサンタフェにロレットチャペルという教会がある。 187 …

no image
歴史に残る凶悪事件マンソンファミリー

1960年代末から70年代のはじめにかけてアメリカ・カルフォルニアで凄惨な事件が …

no image
死ぬまで仮面をつけ続けた囚人の謎

その男は1669年から1703年、実に34年間、牢獄の中で捕われて死亡した。 不 …

no image
戦時中の食人事件『小笠原事件』

小笠原事件は1945年(昭和20年)2月末に小笠原諸島・父島で実際に起きた日本軍 …

no image
オーストラリア史上最大の謎

1948年、オーストラリアの海岸で1人の男性の死体が発見された。 夏のオーストラ …

no image
ティワナク遺跡・プマ=プンク

プマ・プンクとは南米ボリビア、ティワナク遺跡に存在するプレ・インカ期の建造物であ …

no image
縄文人は優れた航海技術を持った海洋民族だった?

バヌアツ共和国で出土した縄文土器 縄文時代は今から約1万6000年前から約300 …

no image
数百年燃え続ける火災の謎

アメリカペンシルバニア州の町セントラリアで1962年、大規模な坑内火災が発生した …

オレゴンの渦

アメリカ・オレゴン州にオレゴンの渦(オレゴンヴォーテクス)と呼ばれる場所がある。 …